平賀源内撰 『物類品隲』

宝暦13(1763)年

  書名を「ぶつるいひんしつ」と読む。撰者平賀源内は、讃岐の人で名を国倫、号を鳩溪といい、風来山人とも称した。本草学を学び奔放な才気に恵まれて、科学・博物学、はては文学の面でも浄瑠璃『神霊矢口渡』や滑稽ものを著すなど、多方面にわたって活躍をした。晩年は誤って弟子久五郎を殺したため、その罪に問われて獄中で病死している。源内の科学的な業績は、耐火用の火浣布の製造、温度計やエレキテル(摩擦起電機)の復原などを行ない世人を驚嘆させたといわれるが、必らずしも体系的なものでなく企業家としては成功しなかった。
 本書はそうした源内の科学史上の業績の中でも、主著とされているもので、源内が日本ではじめて開催した物産会の総集編というべきものである。内容としては、水や鉱石・動植物など広く薬用となるものをとりあげ、図版等を付してそれぞれに簡単な説明を加えている。

展示目録『西洋との出会い』より

   資料ID:176499(書誌詳細画面へ接続)


        
戻る  図書館ホームページへ