Mr. William Shakespears;
comedies, histories, & tragedies

シェイクスピアの 『戯曲全集』
London, 1664

 本誌の90号、91号に引き続きシェイクスピアの没後に刊行された最初の戯曲全集であるフォーリオ(二つ折本)をとりあげた。
 サード・フォーリオ(第3版)と呼ばれるこの書物は、前号に掲載したセカンド・フォーリオ(第2版)と較べると、シェイクスピアの肖像画が左上に移り、右側のタイトル・ページ(標題紙)のクロイスター・スタイルによるタイトル活字が大きくなっていることから、従来のものとは異なった感じを与えている。またタイトル・ページの中央部にはこの版に初めて入れられた7篇の戯曲が紹介されている。しかし、現在では 『ペルクリーズ』 を除いては、シェイクスピアの筆によるものと認められておらず、刊行当時の戯曲全集の編集事情の複雑さを物語っている。さらに、この版はセカンド・フォーリオを基本に約900箇所に及ぶ改訂が加えられたが、その中には不正確な部分が数多くあるとの指摘を受けてきた。
 なお、サード・フォーリオは前年の1663年にも刊行されているが、1666年のロンドンの大火によって印刷所が消失したといわれ、この1664年刊行のものを含めても現在に残る数は少ない。

『GAIDAI BIBLIOTHECA』 92号より

   資料ID:097112(書誌詳細画面へ接続)


        
戻る  図書館ホームページへ