ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

在メキシコ日本大使館の前大使小野正昭氏が、メキシコ在任中の3年間に撮影された自然や人々、建築などの写真を集めた展覧会を、創立65周年記念国際シンポジウム「ラテンアメリカ地域統合への挑戦」開催を記念してユニバーシティギャラリーで開催いたしました。

31の州とメキシコシティーからなるメキシコ合衆国は、それぞれの地域が独自の歴史や文化を育み、まるでモザイクのような多様性を表しています。本展覧会では、モノトーンの写真の中にメキシコの多様性と光のコントラストを写し込んだ作品約30点をご紹介いたしました。

「神へ捧げる木と花のシルエット(オコトランの教会)」

日時 2012年6月29日(金)~7月5日(木)
午前10時~午後4時30分(入室は4時まで)
場所 京都外国語大学9号館 ユニバーシティギャラリー
入館料 無料(申し込み不要)
主催 国際文化資料館・京都ラテンアメリカ研究所
後援 メキシコ大使館
協力 京都外国語大学 国際言語平和研究所
京都外国語大学博物館学芸員課程

Page top