ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

京都外国語大学国際文化資料館では、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所と共同で行う新たな総合学術研究「アメリカ地中海文化圏研究」の一環として、2013年中米ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアス郡をフィールドとする『プロジェクト・マティグアス』を開始しました。

このプロジェクトは、国際文化資料館館長の南博史教授(考古学、博物館学)をリーダーに、マティグアス郡の中央にあって遺跡が広く分布するキラグア山周辺に「考古学と博物館学を仲介者とする実践的地域研究」を行っています。つまり遺跡の学術的調査研究を背景として、考古学の成果を博物館学的手法によって地域に還元することで、また地域をミュージアムと見立てて博物館活動を行うことで、地域の課題解決と持続可能な地域社会を可能にする方法を具体的なモデルを提示し明らかにすることが目的としています。

現在、考古学調査を実施しているマティグアス郡ティエラブランカ地区にあるラスベガス遺跡は、約1万㎡の調査対象範囲のなかに約20のマウンド(直径5~10m、高さ1~2mの塚)と多数の集石遺構が確認されています。また、遺跡にはモノリートと呼ばれている長さ3mと4.5mの石柱が2点確認されており、その学術的価値の高さが注目されています。

2014年8月の調査では、ラスベガス遺跡のモノリートの北側に位置する直径25mのマウンド1の試掘を実施しました。今後も同マウンドの発掘やラスベガス遺跡の測量調査、そのほか地域住民から寄せられる遺跡の情報をもとにした踏査などを継続して行っていく予定です。

2015年度で3年目を迎えるプロジェクト・マティグアスは、ラスベガス遺跡での考古学調査を地域に還元する活動を行っています。マティグアス郡庁や議会でのプロジェクトの説明や、マティグアスの方々に向けた報告会を調査のたびに開いてきました。今後も、発掘調査だけでなく、ティエラブランカ村やマティグアスの地域住民と連携し、研究成果を地域に還元できるような活動を計画して、地域に根付いたプロジェクトを展開できればと思っています。

長さ4.5mのモノリート(2013年8月撮影)

詳しくはブログで紹介しています。

活動の記録

予備調査 2012年 3月 予備調査としてニカラグアを初訪問する。共同で調査を行うことになるニカラグア国立自治大学のサグラリオ先生にニカラグアでの考古学調査について相談する。
9月 予備調査としてマティグアス郡ティエラブランカ地区で表面踏査を実施。サグラリオ先生の案内によって、マティグアス郡ティエラブランカ地区フィンカ・ラスベガスを実見する。
第1次調査 2013年 8~9月 マティグアス郡ティエラブランカ地区で表面踏査を継続。ラスベガス遺跡(フィンカ・ラスベガス)にて遺物の表面採集・実測などの分析を行う。
第2次調査 2014年 3月 マティグアス郡ティエラブランカ地区ラスベガス遺跡で測量調査を実施。
第3次調査 8~9月 ラスベガス遺跡でマウンドの発掘調査と測量調査(継続)を実施。
第4次調査 2015年 2~3月 ラスベガス遺跡でマウンドの発掘調査と測量調査、周辺地域の踏査を予定。また、カリブ海岸ブルーフィールズの博物館を訪問予定。
第5次調査 8~9月 ラスベガス遺跡でマウンドの発掘調査と測量調査、周辺地域の踏査を実施予定。また、ニカラグアの北部山地エステリでの博物館収蔵の考古遺物の調査を実施予定。

ラスベガス遺跡に多数みられるマウンド(2012年9月撮影)

モノリートの観察をしている学生(左:京都外大藤村くん、右:同志社大小川くん)

ニカラグア国立自治大の先生方と南先生(食事中)

マティグアス内の各地域のリーダーを招待して現地説明会を開いています

発掘の様子(左:本学石川さん、右:サグラリオ先生)(2014年8月)

ティエラブランカの小学校から児童が見学に来ました(2014年8月)

ニカラグア北部、マタガルパ県マティグアス郡にあるティエラブランカ村での現地発掘調査の様子

このムービーは、現地のカウンターパートである ANIDES(The Nicaraguan Association for Sustainable Development)に所属していたボランティアスタッフが製作しました。

活動紹介トップへ

Page top