ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

世界の博物館と博物館専門家を代表する国際博物館会議 = ICOM (International Council of Museums)は1947年に創立されました。UNESCOと連携する国際的な非政府機関として、現在世界137カ国(地域を含む)から約3万人の博物館専門家が参加しています。ICOMには、各国それぞれに組織された114の国内委員会(National Committees)と、博物館に関する様々な専門分野ごとに組織された31の国際委員会(International Committees)があります。それぞれ年次会合などを開催し、博物館についての情報交換や知識の共有が図られています。3年ごとにすべての委員会が一堂に会する「ICOM大会」が開催されており、2019年の「ICOM大会」の開催地は京都に決まりました。

京都での「ICOM大会」開催に向け、「言語を通して世界の平和を」を建学の精神とする本学の博物館として活動を国際化することを目的に、世界の博物館に関するできるだけ多くの情報を収集しています。

ICOM研究活動や世界の博物館調査を通して、広く日本の博物館の特質と問題を明らかにして、課題解決への提案を行います。そして、世界と交流できる学芸員を目指した教育環境を整えます。

2013年ICOM会場

活動紹介トップへ

Page top