(2016年2月公開)
 
 このページは本学図書館が所蔵している奈良時代から江戸時代にかけて世に出された所謂、古典籍の研究書のデータベースです。
 近年、これらの文献はさまざまな外国語に翻訳され、多くの国々で出版されています。海外での日本研究の成果としてご紹介いたし
ます。
 なお、本データベースの編集は工藤真央さん(英米語学科、2016年3月卒業)、絵は小川遙香さん(英米語学科、2016年3月卒業)に
ご協力いただきました。

 
(本学図書館主題別書誌データベース)


 
 知りたい項目の検索アイコンをクリックしてください。
 
 
上代(奈良時代)
  『古事記』 ( Kojiki ) 太安萬侶編 和銅  5(712)年
  『播磨風土記』 ( Harima no Kuni fudoki )   和銅  6(713)年
  『日本書紀』 ( Nihon shoki ) 舎人親王編 養老  4(720)年
  『常陸風土記』 ( Hitachi no Kuni fudoki )   養老  5(721)年
  『豊後風土記』 ( Bungo fudoki )   天平  5(733)年
  『肥前風土記』 ( Hizen fudoki )   天平 12(740)年
  『万葉集』 ( Manyōshū / Man'yōshū ) 大伴家持編 天平 16(744)年、
天平 17(745)年
 
 
中古(平安時代)
  『三教指帰』 ( Sankyo shiki ) 空海 延暦 16(797)年
  『古語拾遺』 ( Kogoshui ) 斎部広成編 大同 2(807)年
  『日本霊異記』 ( Nihon ryōiki ) 景戒 弘仁13(822)年
  『竹取物語』 ( Taketori monogatari )   仁和 4(888)年
  『古今和歌集』 ( Kokin-wakashū / Kokinshū ) 紀貫之他撰 延喜 5(905)年
  『延喜式』 ( Engi-shiki / Engishiki ) 藤原時平等編 延喜 5(905)年
  『土佐日記』 ( Tosa Nikki ) 紀貫之 承平 5(935)年
  『大和物語』 ( Yamato monogatari )   天暦 6(952)年
  『蜻蛉日記』 ( Kagerō Nikki ) 藤原道綱母 天暦 8(954)年
  『落窪物語』 ( Ochikubo monogatari )   天徳 4(960)年
  『伊勢物語』 ( Ise monogatari )   応和 1(961)年
  『往生要集』 ( Ōjōyōshū ) 源信 寛和 1(985)年
  『枕草子』 ( Makura no sōshi ) 清少納言 長保 3(1001)年
  『和泉式部日記』 ( Izumi Shikibu Nikki ) 和泉式部 寛弘 4(1007)年
  『源氏物語』 ( Genji monogatari ) 紫式部 寛弘 5(1008)年
    
                      (本学図書館主題別書誌データベース)
 
  『紫式部日記』 ( Murasaki Shikibu Nikki ) 紫式部 寛弘 5(1008)年
  『栄華物語』 ( Eiga monogatari )   長元 1(1028)年
  『大日本国法華経験記』 ( Dainihonkoku hokekyōkenki ) 鎮源 長久 4(1043)年
  『浜松中納言物語』 ( Hamamatsu Chūnagon monogatari ) 藤原道綱母 永承 8(1053)年
  『堤中納言物語』 ( Tsutsumi chūnagon monogatari )   天喜 3(1055)年
  『更級日記』 ( Sarashina Nikki ) 菅原孝標女 康平 3(1060)年
  『とりかえばや物語』 ( Torikaebaya-monogatari )   寛治 4(1091)年
  『讃岐典侍日記』 ( Sanukinosuke Nikki ) 藤原長子 天仁 2(1109)年
  『今昔物語』 ( Konjaku monogatari )   保安 1(1120)年
  『大鏡』 ( Okagami / Ōkagami ) 源顕房 長承 3(1134)年
  『正法眼蔵』 ( Shōbōgenzō ) 道元 久安 3(1147)年
  小倉百人一首 ( Hyak nin is'shiu ) 藤原定家撰 13世紀前半に成立
  『近代秀歌』 ( Kindai Shuka ) 藤原定家 承元 3(1209)年
  『実語教』 ( Jitsugo kyō ) 空海 平安末期?
 
 
中世(鎌倉時代)
  『方丈記』 ( Hōjōki ) 鴨長明 建暦 2(1212)年
  『平家物語』 ( Heike monogatari ) 信濃前司行長 琵琶法師(口伝) 承久 1(1219)年
  『童子教』 ( Dojikyō ) 安然 鎌倉中期以前?
 
 
中世(室町時代)
  『愚管抄』 ( Gukanshō ) 慈円 承久 2(1220)年
  『保元物語』 ( Hōgen monogatari )   承久 2(1220)年
  『顕浄土真実教行証文類』 ( Kyōgyō shinshō ) 親鸞 元仁 1(1224)年
  『建礼門院右京大夫集』 ( Kenreimonin ukyo no daibushu ) 建礼門院右京大夫 嘉禎 1(1235)年
  『正法眼蔵随聞記』 ( Shōbō genzō zuimokuki ) 孤雲懐奘 嘉禎 1(1235)年
  『高僧和讃』 ( Kōsō wasan ) 親鸞 宝治 2(1248)年
  『浄土和讃』 ( Jōdo wasan ) 親鸞 宝治 2(1248)年
  『開目抄』 ( Kaimoku-sho / Kaimokushō ) 日蓮 文久 9(1272)年
  『観心本尊抄』 ( Kanjin honzon shō ) 日蓮 文永 10(1273)年
  『撰時抄』 ( Senji shō ) 日蓮 建治 1(1275)年
  『沙石集』 ( Shasekishū ) 無住道暁編 弘安 2(1279)年
  『歎異抄』 ( Tanni shō ) 唯円編 14世紀頃
  『とはずがたり』 ( Towazugatari ) 後深草院二条 嘉元 4(1306)年
  『徒然草』 ( Tsurezuregusa ) 卜部兼好
(兼好法師)
元応 1(1319)年
  『二言抄』 ( Nigenshō ) 今川了俊 元中 3(1326)年
  『神皇正統記』 ( Jinno-Shotoki ) 北畠親房 延元 4(1339)年
  『太平記』 ( Taiheiki ) 正平 1(1346)年
  『風姿花伝』 ( Fūshi kaden ) 世阿弥 応永 7(1400)年
  『習道書』 ( Shū-dōsho ) 世阿弥 永享 2(1430)年
  『却来華』 ( Kyakurai-kwa ) 世阿弥 永享 5(1433)年
  『信長公記』 ( Shinchō Kōki ) 太田牛一 慶長 5(1600)年
 
 
近世(江戸時代)
  『五輪書』 ( Gorin no sho ) 宮本武蔵 寛永 20(1643)年
  『草山集』 ( Sōzan shū ) 元政 寛文 2(1662)年
  『好色一代男』 ( Kōshoku ichidai otoko ) 井原西鶴 天保 2(1682)年
  『好色五人女』 ( Kōshoku gonin onna ) 井原西鶴 貞享 3(1686)年
  『武家義理物語』 ( Buke giri monogatari ) 井原西鶴 元禄 1(1688)年
  『日本永代蔵』 ( Nippon eitaigura ) 井原西鶴 元禄 1(1688)年
  『本朝桜陰比事』 ( Honchō-ōin-hiji ) 井原西鶴 元禄 2(1689)年
  『猿蓑』 ( Sarumino ) 向井去来等編 元禄 4(1691)年
  『世間胸算用』 ( Seken munezan'yō ) 井原西鶴 元禄 5(1692)年
  『西鶴織留』 ( Oridome ) 井原西鶴 元禄 7(1694)年
  『奥の細道』 ( Oku no hosomichi ) 松尾芭蕉 元禄15(1702)年
  『兼好法師物見車』 ( Kenkō Hōshi monomi guruma ) 近松門左衛門 宝永 3(1706)年
  『碁盤太平記』 ( Goban taiheiki ) 近松門左衛門 永保 7(1710)年
  『読史余論』 ( Tokushi yoron ) 新井白石 正徳 2(1712)年
  『国性爺合戦』 ( Kokusen'ya Kassen ) 近松門左衛門 正徳 5(1715)年
  『折たく柴の記』 ( Oritaku shiba no ki ) 新井白石 享保 1(1716)年
  『葉隠』 ( Hagakure ) 山本常朝(口述) 享保 1(1716)年
  『心中天網島』 ( Shinjū ten no amijima ) 近松門左衛門 享保 5(1720)年
  『本朝軍器考』 ( Honchō gunkikō ) 新井白石 元文 1(1736)年
  『鮫皮精義』 ( kō hi sei gi ) 新井白石 元文 1(1736)年
  『仮名手本忠臣蔵』 ( Chushingura ) 竹田出雲 寛延 1(1748)年
  『三國通覧図説』 ( Sangoku tsūran to sets ) 林子平 天明 5(1758)年
  『風流志道軒伝』 ( Fūryū Shidōken-den ) 平賀源内 宝暦13(1763)年
  『雨月物語』 ( Ugetsu monogatari ) 上田秋成 明和 5(1768)年
  『役者論語』 ( Yakusha rongo ) 八文字自笑編 安永 5(1776)年
  『海國兵談』 ( Kaikoku heidan ) 林子平 天明 7(1787)年
  『八百万両金神花』 ( Happyakuman ryō kogane no kamibana ) 山東京伝 寛政 3(1791)年
  『北槎聞略』 ( Hokusa bunryaku ) 桂川甫周 寛政 6(1794)年
  『民の繁栄』 ( Tami no nigiwai ) 脇坂義堂 寛政 8(1796)年
  『東海道中膝栗毛』 ( Tōkaidōchū hizakurige ) 十辺舎一九 享和 2(1802)年
  『養蠶秘録』 ( Yōsan hiroku ) 上垣守国 享和 3(1803)年
  『養蠶新説』 ( Yōsan shinsetsu )
  『茶窓間記』 ( Chaso kanwa ) 近松茂矩 享和 4(1804)年
  『桜姫全伝曙草紙』 ( Sakurahime-zenden akebonozōshi ) 山東京伝 文化 2(1805)年
  『環海異聞』 ( Kankai ibun ) 大槻玄沢 文化 4(1807)年
  『浮世風呂』 ( Ukiyoburo ) 式亭三馬 文化 6(1809)年
  『美濃旧衣八丈綺談』 ( Mino no furuginu hachijō kidan ) 滝沢馬琴 文化10(1813)年
  『蘭学事始』 ( Rangaku kotohajime ) 杉田玄白 文化 12(1815)年
  『おらが春』 ( Ora ga haru ) 小林一茶 文政 2(1819)年
  『東海道四谷怪談』 ( Tōkaidō yotsuya kaidan ) 鶴屋南北 文政 8(1825)年
  『春色梅児誉美』 ( Shunshoku umegoyomi ) 為永春水 天保 3(1832)年
  『いろは文庫』 ( Iroha bunko ) 為永春水 天保 7(1836)年
  『漂巽紀略』 ( Hyōson kiryaku ) 川田維鶴撰 嘉永 5(1852)年
  『宗門手札改篠目』 ( Shūmon tefuda aratame jōmoku )   嘉永 6(1852)年
  『海外異聞』 ( Kaigai ibun ) 靄湖漁叟 嘉永 7(1854)年
  『漂流記』 ( Hyoryu ki ) 浜田彦蔵 文久 3(1863)年
    
                      (本学図書館主題別書誌データベース)