Italian Literature(洋書)のページへ


各文学者の「検索開始」ボタンをクリックしてください。

Dante Alighieri (ダンテ・アリギエーリ) 1265-1321
 イタリア最大の詩人。フィレンツェに生まれる。代表作の『神曲』 La divina commedia は、それまでのラテン語の作品から転じ、イタリア語を使った最初の詩作品である。
 
Petrarca, Francesco (フランチェスコ・ペトラルカ) 1304-1374
 詩人、人文学者。アレッツォに生れる。チョーサーなど多くの作家に影響を与えた。
 
Boccaccio, Giovanni (ジョヴァンニ・ボッカッチョ) 1865-1939
 ダンテ、ペトラルカと並ぶイタリア最大の文学者。フィレンツェ近郊で生まれる。 『10日物語』 Decameron の著者として有名。
 
Machiavelli, Niccolo (ニッコロ・マキャヴェッリ) 1469-1527
 政治家、詩人。フィレンツェで生まれる。政治を非宗教的実証的に考察して近代政治学 の基礎を築き、その政治思想は「マキャベリズム」と呼ばれた。喜劇(Mandragola)はイタリア演劇史上一時期を画した。
 
Cellini, Benvenuto (ベンヴェヌート・チェッリーニ) 1500-1571?
 イタリアの彫刻家、金工家、文学者(ルネッサンス後期のフィレンツェ派)。フィレンツェにで生まれる。文学者としては 『自伝』 Vita を著して、彼の多方面の活動も有名になった。
 
Tasso, Torquato (トルクワート・タッソ) 1544-1595
 叙事詩人。ソレントで生まれる。代表作の 『解放されたイェルサレル』 Gerusalemme liberata は、ミルトンの 『失楽園』 に影響を与えた。
 
Campanella, Tommaso (トマソ・カンパネッラ) 1568-1639
 詩人、哲学者。スティーロで生まれる。代表作に 『太陽の都』 La citta del sole がある。
 
Basile, Giambattista (ジャンバッチスタ・バジール) 1575-1632
 バロック時代の代表的作家の一人。ナポリで生まれ、ナポリ方言で 『5日物語』 Pentamerone を著した。
 
Manzoni, Alessandro (アレッサンドロ・マンツオーニ) 1785-1873
 詩人、19世紀イタリア最大の小説家。ミラノで生まれ、ミラノで没す。
 
Leopardi, Giacomo (ジャコモ・レオパルディ) 1798-1837
 詩人。レカナーティ生まれのイタリアロマン主義時代の代表的作家とみなされる人物である。
 
Collodi, Carlo (カルロ・コッローディ) 1826-1890
 19世紀イタリアを代表する児童文学作家である。 『ピノッキオ』 Pinocchio の著者。本名は Carlo Lorenzini。筆名の Collodi は、母の出身地トスカーナ州のコッローディ村に由来する。
 
Carducci, Giosue (ジョズエ・カルドゥッチ) 1835-1907
 ヴァルディカステッロ生まれの詩人。ボローニャで没した。イタリアの文化的向上に尽くした。筆名はEnotrio Romano。ノーベル文学賞受賞(1906年度)。
 
Verga, Giovanni (ジョヴァンニ・ヴェルガ) 1840-1922
 小説家。カタニアで生まれ、同地で没する。故郷のシチリアを舞台にして多くの作品を書いた。
 
De Amicis, Edmondo (エドモンド・デ・アミーチス) 1846-1908
 ピエモンテ地方のオネーリア生まれの作家。特に児童文学 『クレオ』 Cuore を書いて有名。
 
Svevo, Italo (イタロ・ズヴェーヴォ) 1861-1928
 小説家。トリエステで生まれ、リヴェンツァ(トレヴィスコ)で没した。本名は Schmitz Ettore。代表作に 『ある生涯』 Una vita がある。
 
D'Annunzio, Gabriele (ガブリエール・ダンヌンツィオ) 1863-1938
 20世紀最大の詩人。ペスカーラにで生まれる。代表作に 『早春』 Prima vere がある。
 
Pirandello, Luigi (ルイージ・ピランデッロ) 1867-1936
 シチリア島ジルジェント(現アグリジェント)生まれの劇作家、小説家。代表作 『作者をさがす六人の登場人物』 Sei personaggi in cerca di autore は、20世紀演劇の革命的な改革者の一人として、認められた。ノーベル文学賞受賞(1934年度)。
 
Deledda, Grazia (グラッツィア・デレッダ) 1871-1936
 ヴェリズモ文学を代表する女流作家。ヌオーロで生まれ、ローマで没す。サルデーニャ地方をテーマにした作品が多い。代表作に 『灰』 Cenere がある。ノーベル文学賞受賞(1926年度)。
 
Bontempelli, Massimo (マッシモ・ボンテンペッリ) 1878-1960
 詩人、小説家。コモで生まれ、ローマで没す。代表作に 『二人の母と子』 Il figlio di due madri がある。
 
Papini, Giovanni (ジョヴァンニ・パピーニ) 1881-1956
 フィレンツェ生まれの小説家、思想家。未来派の作家の一人。代表作に 『盲目の飛行士』 Il pilota cieco などがある。
 
Tomasi di Lampedusa, Giuseppe (ジュゼット・トマージ・ディ・ランペドウーサ) 1896-1957
 代表作 『山猫』 Il gattopardo の出現と成功が、イタリアの戦後文学の転機をはっきり示 したものと評価されている。パレルモで生まれ、ローマで没した。
 
Montale, Eugenio (エウゲニオ・モンターレ) 1896-1981
 詩人、評論家。ジェノヴァで生まれ、ミラノで没した。代表作に 『烏賊の骨』 Ossi di seppia がある。ノーベル文学賞受賞(1975年度)。
 
Quasimodo, Salvatore (サルヴァトーレ・クワジーモド) 1901-1968
 詩人。シチリアの小都市モーディカにで生まれ、ナポリで没した。代表作には 『水と土』 Acque e terre などがある。ノーベル文学賞受賞(1959年度)。
 
Pavese, Cesare (チェーザレ・パヴェーゼ) 1908-1950
 詩人、小説家。サント・ステーファノ・ベルボ(クネオ)で生まれ、トリノで没した。 代表作として 『働き疲れて』 Lavorare stanca がある。
 
Vittorini, Elio (エリオ・ヴィトリーニ) 1908-1966
 シラクーサで生まれ、ミラノで没した作家。パヴェーゼやプラトリーニらともに、第二次大戦直後のイタリア文学、文化との動向に強い影響を及ぼした。
 
Bassani, Giorgio (ジョルジョ・バッサーニ) 1916-2000
 カッソーと並んで50年代半ばから60年代にかけての「抒情的リアリズム」の代表者。 ボローニャでで生まれる。代表作に 『フェラーラの五つの物語』 Cinque storie ferraresi などがある。
 
Calvino, Italo (イタロ・カルヴィーノ) 1923-1985
 小説家。サンチャゴ・デ・ラスヴェガス(キューバ)で生まれ、シエナで没した。代表作品には 『不在の騎士』 Cavaliere inesistente などがある。
 
Fo, Dario (ダイリオ・フォ) 1926-
 ナポリ生まれの劇作家、俳優。代表作品には 『あるアナーキストの事故死』 Morte accidentale di un anarchico などがある。ノーベル文学賞受賞(1997年度)。
 
Eco, Umberto (ウンベルト・エーコ) 1932-
 アレキサンドリア生まれの小説家、記号学者。著者には 『ばらの名前』 Il nome della rosa などがある。