German Literature (洋書)のページへ


各文学者の「検索開始」ボタンをクリックしてください。

Hartmann von Aue(ハルトマン・フォン・アウエ)1165?-1210?
 ドイツ、シュヴァーベンの騎士で中世三大叙事詩人のひとり。中世高地ドイツ語を用い、形式の整った宮廷叙事詩を創作した最初の詩人。
 
Wolfram von Eschenbach(ヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハ)1170?-1220?
 ドイツの吟遊詩人で中世三大叙事詩人のひとり。形式にとらわれない自由な発想の叙事詩を多く残している。
 
Gottfried von Straßburg(ゴットフリート・フォン・シュトラースブルク)1170?-1210?
 ドイツ中世三大叙事詩人のひとり。高い学問的教養を備え、洗練された作風を生み出した宮廷叙事詩人。
 
Sachs, Hans(ハンス・ザックス)1494-1576
 ドイツ、ニュルンベルク生まれ。職匠歌人、劇作家。多くの職匠歌、謝肉祭劇、悲喜劇を残した。ヴァーグナーの歌劇『ニュルンベルクの職匠歌人』のモデルである。
 
Grimmelshausen, Hans Jacob Christoffel(ハンス・ヤーコプ・クリストッフェル・グリンメルスハウゼン)1622?-1676
 ドイツ、ヘッセンに生まれる。17世紀ドイツで唯一の、また最大の小説家として知られる。
 
Lessing, Gotthold Ephraim(ゴットホルト・エフライム・レッシング)1729-1781
 ドイツ、ザクセンの田舎町カーメンツに生まれる。劇作家、評論家。ドイツ啓蒙主義文学の完成者。
 
Goethe, Johann Wolfgang von(ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ)1749-1832
 ドイツのフランクフルトで生まれる。古典派の代表者であり、ドイツ文学史上最大の詩人、小説家、劇作家。
 
Schiller, Friedrich von(フリードリヒ・フォン・シラー)1759-1805
 ドイツのマールバハで生まれる。ゲーテと並んでドイツ文学の黄金時代を築き上げた偉大な劇作家、詩人。
 
Jean Paul(ジャン・パウル)1763-1825
 ドイツ、フランケンに生まれる。本名Johann Paul Friedrich Richter。小説家、評論家。古典主義、ロマン主義とも相容れず孤立したが、後代の文学者に多大な影響を与えた。
 
Hölderlin, Friedrich(フリードリヒ・ヘルダーリン)1770-1843
 南ドイツ、シュヴァーベン地方に生まれる。詩人、小説家。優れた作品を残しながらも不遇な生涯を過ごし、没後しばらく経過しようやく真価が認められた。
 
Novalis(ノヴァーリス)1772-1801
 ドイツのオーバービーダーシュテットに生まれる。本名Friedrich von Hardenberg。ロマン派最大の詩人、小説家。
 
Tieck, Johann Ludwig(ヨハン・ルートヴィヒ・ティーク)1773-1853
 ドイツのベルリンに生まれる。初期ロマン派の代表的な小説家、劇作家。
 
Hoffmann, Ernst Theodor Amadeus(E.T.A. ホフマン)1776-1822
 東プロイセンのケーニヒスベルクに生まれる。小説家。ドイツロマン派中最も特異な作家。
 
Kleist, Heinrich von(ハインリヒ・フォン・クライスト)1777-1811
 ドイツのフランクフルトに生まれる。19世紀最高の劇作家。
 
Fouqué, Friedrich de la Motte(フリードリヒ・ドゥ・ラ・モット・フケー)1777-1843
 ドイツ、ブランデンブルクにフランス系貴族の子として生まれる。古いドイツの伝説に取材した作品や、ロマン主義作品の傑作として知られる小説を残した。
 
Brentano, Clemens Maria(クレーメンス・マリア・ブレンターノ)1778-1842
 ドイツ、エーレンブライトシュタイン生まれ。後期ロマン主義ハイデルベルク派を代表する詩人、劇作家、小説家。中世以降の民謡を集めた作品や童話で知られる。
 
Arnim, Ludwig Achim von(ルートヴィヒ・アヒム・フォン・アルニム)1781-1831
 ドイツ、ベルリン生まれ。小説家。ブレンターノらと編纂した「隠者新聞」や民謡集のほか、ロマン主義的作品を残した。
 
Grimm, Jacob、 Grimm, Wilhelm(グリム兄弟 ヤーコプ・グリム、
ヴィルヘルム・グリム)
1785-1863、1786-1859
 ドイツのハーナウに生まれる。言語、文学、神話、法律等の分野において、ドイツ古代学の基礎を確立した言語・文献学者。
 
Eichendorff, Joseph von(ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフ)1788-1857
 ドイツのオーバーシュレージエンに生まれる。明るい作風で親しまれ、後期ロマン派の詩人中で最も人気のある詩人である。
 
Grillparzer, Franz(フランツ・グリルパルツァー)1791-1872
 オーストリアのウィーンに生まれる。心理描写にすぐれ、写実主義の先駆けと言われる悲劇作品や短編小説を残した。オーストリア最高の劇作家との呼び声も高い。
 
Heine, Heinrich(ハインリヒ・ハイネ)1797-1856
 ドイツのデュッセルドルフに生まれ、フランスのパリで活躍する。ロマン派から出発した叙情詩人。
 
Mörike, Eduard(エードゥアルト・メーリケ)1804-1875
 ドイツ、シュヴァーベン地方のルートヴィヒスブルクに生まれる。詩人、小説家。ロマン主義後期から写実主義への過渡期に位置し、多様性を備えた作品を残す。
 
Stifter, Adalbert(アーダルベルト・シュティフター)1805-1868
 当時オーストリア領(現チェコ)のボヘミアに生まれる。小説家。やさしい自然描写を得意とする作風で、芸術家でもある。
 
Büchner, Georg(ゲオルク・ビューヒナー)1813-1837
 ドイツ、ヘッセン州ゴッデラウに生まれる。劇作家。 ヘッセンの革命活動でも知られる。
 
Hebbel, Friedrich(フリードリヒ・ヘッベル)1813-1863
 当時デンマーク領(現北ドイツ)のホルシュタインに生まれる。劇作家、詩人。19世紀最大の悲劇作家。
 
Wagner, Richard(リヒャルト・ヴァーグナー)1813-1883
 ドイツのライプツィヒに生まれる。「綜合楽劇」の創始者。作曲家、劇作家。
 
Storm, Theodor(テオドーア・シュトルム)1817-1888
 現北ドイツのシュレスヴィッヒ=ホルシュタイン生まれの詩人、小説家。北ドイツの自然をこよなく愛し、詩情豊かな作品や写実的な小説を書いた。
 
Mommsen, Christian Matthias Theodor(テオドール・モムゼン)1817-1903
 歴史学者で文学賞を受けたのは、この人物だけである。ライプツィヒ大学教授や下院議員を務め、ドイツ統一でビスマルクと対立。多
くの名著があり、『ローマ史』(1854-1885)は4巻を未刊として5巻が出た異例のものであるが評価は高く、当時のローマ研究の第一人
者とされる。1902年度ノーベル文学賞受賞。
 
Keller, Gottfried(ゴットフリート・ケラー)1819-1890
 スイスのチューリッヒに生まれる。小説家、詩人。スイス最大の作家。
 
Spyri, Johanna(ヨハンナ・スピリ)1827-1901
 スイスのヒルツェルに生まれる。スイス最初の女性作家。
 
Heyse, Paul(パウル・ハイゼ)1830-1914
 ドイツのベルリンに生まれる。1910年ドイツで最初のノーベル文学賞を受賞する。小説家、劇作家。
 
Eucken, Rudolf Christoph(ルドルフ・オイケン)1846-1926
 哲学者。バーゼル大学とイエナ大学の教授を務めた。西ヨーロッパの資本主義が帝国主義に変化する中で、ブルジョア思想の代表
的存在とされる。『意識における精神生活の統一と人間性の行為』(1888)、『生の意味と価値』(1908)など生の哲学を述べた。1908年
度ノーベル文学賞受賞。
 
Hauptmann, Gerhart(ゲルハルト・ハウプトマン)1862-1946
 ドイツのオーバーザルツブルンに生まれる。自然主義派の劇作家・小説家。1912年ノーベル文学賞を受賞する。
 
Hofmannsthal, Hugo von(フーゴー・フォン・ホーフマンスタール)1874-1929
 オーストリアのウィーンに生まれる。詩人、劇作家、小説家。20世紀初頭における第一級の芸術家。
 
Mann, Thomas(トーマス・マン)1875-1955
 ドイツのリューベックに生まれる。小説家、評論家。1929年度ノーベル文学賞受賞。
 
Rilke, Rainer Maria(ライナー・マリア・リルケ)1875-1926
 当時オーストリア領(現チェコ)のプラハに生まれる。印象派風の叙情詩人。
 
Hesse, Hermann(ヘルマン・ヘッセ)1877-1962
 南ドイツのシュヴァーベン地方に生まれる。詩人、小説家。1946年度ノーベル文学賞受賞。
 
Carossa, Hans(ハンス・カロッサ)1878-1956
 ドイツのテルツに生まれる。20世紀前半のドイツを代表する詩人、小説家。
 
Zweig, Stefan(シュテファン・ツヴァイク)1881-1942
 オーストリアのヴィーンに生まれる。小説家。彼の作品は世界の各国語に翻訳されているがその数は世界第4番目である(1960年)。
 
Kafka, Franz(フランツ・カフカ)1883-1924
 当時オーストリア領(現チェコ)のプラハに生まれる。小説家。20世紀の最重要人物の一人とされている。
 
Brecht, Bertolt(ベルトルト・ブレヒト)1898-1956
 ドイツのアウグスブルクに生まれる。世界の演劇界に大きな影響を与えた、20世紀の最も重要な劇作家。
 
Kästner, Erich(エーリヒ・ケストナー)1899-1974
 ドイツのドレスデンに生まれる。詩人、小説家。少年文学に新分野を開いた。
 
Frisch, Max(マックス・フリッシュ)1911-1991
 スイスのチューリッヒに生まれる。現代ヨーロッパを代表する劇作家、小説家。
 
Weiss, Peter(ペーター・ヴァイス)1917-1985
 ドイツのケルンに生まれる。小説家。戦後のドイツの作家で最も大きな成功を収める。1972年度ノーベル文学賞受賞。
 
Böll, Heinrich(ハインリッヒ・ベル)1917-1985
 ドイツのケルンに生まれる。小説家。戦後のドイツの作家で最も大きな成功を収める。1972年度ノーベル文学賞受賞。
 
Celan, Paul(パウル・ツェラン)1920-1970
 ルーマニア出身。両親がドイツ語を話すユダヤ人。1960年にビューヒナー賞を受賞。
 
Dürrenmatt, Friedrich(フリードリヒ・デュレンマット)1917-1985
 ドイツのケルンに生まれる。小説家。戦後のドイツの作家で最も大きな成功を収める。1972年度ノーベル文学賞受賞。
 
Bachmann, Ingeborg(インゲボルク・バッハマン)1926-1973
 オーストリア出身。詩集で有名。作品は数多くないが、出身地のクラーゲンフルト市は功績を称え、「インゲボルク・バッハマン賞」を創設した。
 
Muller, Heiner(ハイナー・ミュラー)1925-2000
 ザクセン出身。戦後は東ドイツにとどまりジャーナリストとして活躍。社会主義の矛盾を問う劇作によって西側の注目を集める。
 
Grass, Günter(ギュンター・グラス)1927-
 旧ドイツのダンツィヒ(現ポーランド領グダニスク)に生まれる。詩人、小説家。1999年度ノーベル文学賞受賞。
 
Wolf, Christa(クリスタ・ヴォルフ)1929-
 ランツベルク(現ポーランド領)出身。東ドイツの代表的な作家の一人。。
 
Ende, Michael(ミヒャエル・エンデ)1929-1995
 南ドイツのガルミッシュ=パルテンキルヒェンに生まれる。作家。世界的に著名な児童文学者。
 
Enzensberger, Hans Magnus(ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガー)1929-
 ドイツのカウフボイレンに生まれる。詩人、評論家。60-70年代の西ドイツの「啓蒙思想仮家」として指導的な役割を果たす。
 
Handke, Peter(ペーター・ハントケ)1946-
 オーストリア出身。映画監督ヴィム・ペンダースとの作品『ベルリン・天使の歌』は有名。
 
Strauß, Botho(ボート・シュトラウス)1926-1973
 西ドイツ出身。戯曲で有名だが小説家、散文作家としても活躍。
 
Jelinek, Elfriede(エルフリーデ・イェリネク)1946-
 オーストリアでユダヤ系チェコ人を父として生まれた。ウィーン大学で演劇学と美術史を専攻したが大学紛争に係わって中退し、
小説や戯曲などの創作活動に入った。ドイツでは早くから評価が高く、最も価値の高い文学賞ビューヒナー賞に輝いている。
2004年度ノーベル文学賞受賞。