KUFS Library Network Service
K-Libnet(京都府図書館総合目録ネットワーク)への参加と試行サービス開始について
 本学図書館は、京都府立図書館が管理・運営している K-Libnet(京都府図書館総合目録ネットワーク)に参加し、相互貸借サービスを実施します。
 試行サービスを2020年12月から開始し、来年度から本格サービスに移行する予定です。
 サービス内容や申込方法を確認のうえ、ご利用ください。
 
♦ K-Libnet とは
 本学図書館と、京都府内の公共図書館・読書施設等との間で図書資料を互いに貸し借りするサービスです。京都府内の公共図書館、読書施設やK-Libnetに参加している大学図書館の蔵書を取り寄せて利用することができます。
 「K-Libnet(京都府図書館総合目録ネットワーク)参加館一覧
♦ K-Libnet総合目録(資料の検索)
 利用を申し込む前に『K-Libnet総合目録』で取り寄せを希望する図書を検索してください。
 検索方法は「K-Libnet利用マニュアル」を参照してください。
♦ K-Libnet の利用方法
 1)利用対象者
   本学の教職員および学生
   ※一般の利用者、卒業生は対象外です。
 2)申込方法
   「K-Libnet利用申込書」に記入のうえ、閲覧カウンターで申し込んでください。
   メールでも申し込みできます。「K-Libnet利用申込書」を必ず添付して kufslib@kufs.ac.jp 宛に送ってください。
   メールの件名は「K-Libnet利用希望」としてください。

   「K-Libnet利用申込書」(Wordファイル)のダウンロード
   (クリックするとダウンロードされます。「表示」→「文書の編集」と選択して必要事項を入力し、保存した申込書を添付してください。)

 3)費用
   利用に係る費用は無料です。
 4)取り寄せできる冊数
   5冊を上限とします。
 5)取り寄せた資料の利用
   利用は館内での閲覧および複写のみです。貸出(館外持ち出し)はできません。
 6)館内閲覧できる期間
   取り寄せた資料は、約3週間利用できます。
 7)資料が到着するまでにかかる日数
   申し込みから約1週間かかります。資料が到着しましたら、電話もしくはメールでお知らせします。
 8)取り寄せできない資料
   ①禁帯出となっている参考図書や貴重書
   ②雑誌・新聞、AV資料
   ③資料の複写物
   ※その他各機関の事情により取り寄せできない場合があります。
 9)資料の複写について
   著作権法第31条で規定された範囲内で複写することができます。複写を希望する場合は、閲覧カウンターで所定の
   「文献複写申込書」に必ず記入してください。
   著作権法第31条については、「文献複写申込書」に記載しています。
 10)閲覧期間の延長について
   期限日の前日までに閲覧カウンターに申し込んでください。
 11)その他注意事項
   ・他機関の資料ですので、丁寧に扱ってください。
   ・資料の汚破損が生じた場合には、申込者の弁償となります。
   ・制度上、取り寄せには一定の日数がかかりますので、至急対応はできません。


図書館ホームページへ京都外国語大学ホームページへ