O culto do cha
MORAES, Wenceslau de
Kobe, 1905.

モラエス 『茶の湯』

    本書は、モラエスの著作の中で唯一日本で刊行されたもので、和紙を用い宇治の茶摘の様子などの美しい挿絵をいれた秀作である。本館所蔵の『茶の湯』は初版本で、1987( 昭和62)年東洋ポルトガル院が刊 行したファクシミリ版は、第二版からの複製本である。この事実からも本書の稀少価値がうかがえる。
    また、初版本の献辞はモラエスの友人である二人の海軍軍人、及びポルトガル市の出版業者に宛てられていたが、彼らと『大日本』第二版の出版をめぐって仲違いをしたモラエスは、第二版の献辞をポルトガル軍 人ディアス・ブランコ大佐の娘マリア・エングラシアただ一人に変更している。

 This was Moraes’s only book published in Japan, an exquisite volume on Japanese paper with superb illustrations depicting, for example, tea-picking in Uji, Kyoto. The copy possessed by the library is the first edition. Facsimile re-productions from the Instituto Cultural de Macau, issued in 1987, were prepared from the second edition, indicating the truly priceless nature of the library’s holding. The first edition was dedicated to two navy friends and a publisher in Portugal. Moraes later had a disagreement with them over publishing a second edition of Dai-Nippon, and he changed the dedication for a second edition of O culto do cha, making it to Maria Engracia, the daughter of Capitão Dias Branco of the Portuguese Navy.

前の図書へ 次の図書へ