MORAES, Wenceslau de

[Manuscript letters and postcards of Wenceslau de Moraes (1899-1928)]


モラエス自筆書簡集:1899-1928.
封書27通、手紙文12通、絵葉書74通

 モラエスが1899(明治32)年から1928(昭和3)年の間に友人カルロス・カンポスと、その娘マリア・ジョアキナ・カンポスに当てた封書27通、手紙文12通、絵葉書74通が、本自筆書簡集である。カルロス・カンポスはモラエスの中学時代の友人で、この書簡のやり取りはカンポスの死の1912(大正元)年まで続く。その後は1928(昭和3)年までカンポスの娘との間で、絵葉書で行なわれた。内容に関しては、ジョルヂェ・デイアス著『関西から四国へ』(マカオ文化院、1988年刊行)に、カラー写真の絵葉書や、書簡の写真とともに翻字され、注記を付して収められている。

展示目録 『鎖国期をはさんだポルトガル人の日本研究』 より


        
戻る  図書館ホームページへ