概要

  ―本学図書館はこのような図書館です―

     


 京都外国語大学付属図書館および京都外国語短期大学付属図書館は、中央図書館である本館と分館であるアジア関係図書館からなっています。

 所蔵する資料は英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ブラジルポルトガル語、中国語、日本語、イタリア語など学内の専攻言語をはじめ、ロシア語、オランダ語、アラビア語、ハングルなど多くの言語に及び、これらの言語圏の文学、歴史、芸術、社会科学などの分野にわたる国際地域研究のための資料を蔵書構成の特徴として収集しています。

 また、これらの地域の文化的遺産である稀覯書も所蔵しており、いくつかのスペシャル・コレクションを形成して学内外の教育・研究の推進のために資料提供を行っています。一般の皆様には、このコレクションを使った展示会を定期的に開催してご覧いただいております。

 さらに、学術資料の運用については機械化と他大学との相互協力を重視し、利用者に対して資料提供を行っています。

 他にも、本学図書館はわが国とそれぞれの国と地域について、主題別書誌データベースの作成や学外の商用データベースと接続するなど、様々な角度からの勉強や研究を支援できる体制を整えています。


現在の図書館

蔵書数

  本学図書館の蔵書数は図書が58万冊を超え、学術雑誌は約4,000種に及ん

 でいます。毎年行われる文部科学省の「大学図書館実態調査」によれば、この数

 値は1学部で構成されている全国の大学の蔵書の平均値(図書数約10.7万冊、

 学術雑誌約1,100種)を大きく上回っています。

  こうしたことから、本学図書館では全国の同じ規模の大学の平均値の約4.9倍

 の図書と約3.8倍の学術雑誌を利用できます。  参考:本学図書館の現状

  図書
    和漢書・・・・・・・・・・・・・273,639冊
    洋  書・・・・・・・・・・・・・297,212冊
    その他・・・・・・・・・・・・・ 17,941冊
    総冊数・・・・・・・・・・・・・588,792冊
 
  学術雑誌
    和漢書・・・・・・・・・・・・・  2,643種(うち継続中 1,883種)
    洋 書・・・・・・・・・・・・・  1,438種(うち継続中   484種)
    総種数・・・・・・・・・・・・・  4,081種(うち継続中 2,367種)
 
  (2016年3月31日現在)


カリキュラムと蔵書構成の一致について

  本学図書館では、毎年、年度始めに教務部が発行している大学、短大、専攻科、大学

 院の『講義概要』の中から、各教員が示す授業内容の「参考文献」をいち早く購入して

 カリキュラムと蔵書構成の一致を計り、さらに教員と図書館員の協力で、「収書機構」

 を構成して、その授業に関連する資料の収集を行っています。  参考:データベース「シラバスに示された参考文献」


  主な図書館活動

    本学図書館は学生諸君が知識や見識を高め、国際感覚を養うための様々な

   お手伝いをしています。


   1.出版活動・図書館報『GAIDAI BIBLIOTHECA』

        スペシャル・コレクションの目録をはじめ、図書館が主催したシンポジ

      ウムや講演会の記録などが、編纂刊行されています。また、館報である

      『GAIDAI BIBLIOTHECA(ガイダイ ビブリオテカ)』を毎年4回にわたって

      発行しています。

主な出版物 GAIDAI BIBLIOTHECA(電子館報)

   2.展示会

        貴重書を厳選した稀覯書展示会を毎年定期的に開催し、学内の学生や教

      職員をはじめ、学外の方々からも好評を博しています。

貴重書展示会の歴史   電子展示会

   3.国際交流

        昭和60(1985)年より、約10年間にわたり中国の上海外国語大学図書館

      と図書館レベルの交流協定を締結して人的、あるいは資料面の交流を行

      いました。また、本学の国際交流協定校とは資料の交換を進め、これらの

      大学や他の研究機関から多くの人たちが図書館を見学に訪れています。

国際交流   海外からのお客様

   4.シンポジウム

        昭和61(1986)年より、3期9回にわたり「21世紀への大学図書館国際シ

      ンポジウム」を開催しました。

21世紀への大学図書館 国際シンポジウムの歴史

   5.フォーラム

        本学図書館は外大祭協賛行事として「フォーラム 学生と図書館」を

      開いています。このフォーラムは、学生諸君が在学中に必要とする学術

      情報や卒業後に社会人として必要な情報の収集と活用について、有識者

      と参加者の間で話し合うことを目的に開催しているものです。

外大祭協賛行事「フォーラム」

     


図書館ホームページへ