WEB版稀覯書展示会

和魯通言比考

ゴシケヴィッチ 橘耕斎編  『和魯通言比考 (Wa-Ro tsugen hiko)』
安政4年 (1857)

  本書はロシアのペテルスブルグのアジア局で刊行された日本語とロシア語の辞書である。 イロハ順になっており、 日本語をカタカナと漢字で記し、 ロシア語訳をあげている。 ロシアでは数種の日本語辞書が印刷されているが、 日本では江戸時代を通じてロシア語辞書の刊行はない。 橘耕斎 (1820-1855) は元掛川藩の祐筆で、 35才の時共編者ゴシケヴィッチの手引きで日本を密出国し、 ロシアでアジア局の翻訳官に採用された。 ゴシケヴィッチは後に函館領事になっている。

  This work is a Japanese-Russian dictionary published by the Asia Bureau in St. Petersburg, Russia. It is arranged in the iroha syllabic order, giving Russian translations for Japanese words represented in katakana and kanji. No dictionaries of Russian were published in Japan during the Edo period, although several Japanese dictionaries were published in Russia. Kosai Tachibana (1820-1885) was a secretary to the former Kakegawa clan, who at the age of 35 was smuggled out of Japan with the assistance of Goshkevich, co-editor of the dictionary, and employed as a translator at the Asia Bureau in Russia. Goshkevich later served as Russian consul in Hakodate.

前の図書へ 次の図書へ


back    home