WEB版稀覯書展示会

司馬江漢著 『和蘭天説 (Oranda tensetsu)』
寛政8年 (1796)

  司馬江漢 〔峻 (1747-1818)〕 は江戸時代後期に活躍した洋画家、 思想家。 蘭学者平賀源内や大槻玄沢らと交わって洋画及び西洋理科学に対する関心を深め、 寛政4年 (1792) には日本最初の 『銅版地球全図』 を刊行している。 本書は彼が寛政7年 (1795) に作成した 『天球全図』 の説明書である。 書中、 コペルニクスの地動説に準拠して太陽の運行や惑星の公転、 日食、 月食などを述べた上、 地球の自転や重力の作用ならびに自然現象の生起など多くの図を付して説明している。
  なお、 太陽の黒点に関しては、 彼自身が観察した結果を図示して述べている。

  Kokan (or Shun) Shiba (1747-1818) was a Western-style painter and thinker of the late Edo period. From his association with Rangaku scholars such as Gennai Hiraga and Gentaku Otsuki, Shiba developed an interest in Western painting and science, publishing the first Japanese copperplate printed map of the world, Do^ban chikyu^ zenzu in 1792. The Oranda tensetsu is Shiba's commentary to his Tenkyu^ zenzu, published in 1795. Based on the Copernican theory, the work discusses the motions of the sun and the planets, solar and lunar eclipses etc., going on to explain the rotation of the earth, the action of gravity and origins of various other natural phenomena, with numerous illustrations.
  A diagram is also included illustrating sunspots, based on the author's own observations.

前の図書へ 次の図書へ


back    home