WEB版稀覯書展示会

日本王国誌

Descriptio Regni Iaponiae
VARENIUS, Bernhardus
Amsterdam : 1649
ヴァレニウス 『日本王国誌』

  ヴァレニウスはドイツ出身の地理学者、 医学者である。 1650年に 『一般地理学』 を著わし、 近世地理学の確立に大きな役割を果たした。 本書はシリーズ 『世界の国家』 中の一冊で、 16折の小型本である。 内容は3部に分かれ、 1部は“国家論”、 2部は“日本王国”、 3部は“日本人の宗教および世界各国の宗教”より成っている。 2部には日本の位置、 形状など自然的環境より住民、 行政制度、 貿易経済 (付貨幣)、 法律刑罰、 風習、 集落、 住居、 学問、 美術工芸、 医療などにわたり記述している。 彼は来日したことはなく、 トルセリーニの 『聖ザビエルの生涯』 や、 マルコ・ポーロの 『東方見聞録』、 カロンの 『日本大王国志』 など多くの著作を参考にして本書を著した。

  Bernhardus Varenius (1622-c.1651) was a German-born doctor of medicine who also devoted himself to the study of mathematics, physics and especially geography, contributing greatly to the establishment of the modern science of geography.
  This work is one of a 16mo (pamphlet size) series on the Countries (reipublicae) of the world, published by the Elsevir publishing house in Amsterdam. It is divided into three parts, the first consisting of Varenius' own theory of statehood, the second and the main part of the work describing the "Kingdom of Japan," and the third dealing with the religions of Japan and the world.
  Varenius never set foot in Japan, and as he notes in his preface, his work was based on that of other writers. He made use, for instance, of Torsellini's Vita del B. Francesco Saverio, Marco Polo's Travels, and Caron's Machtig Koninkrijk Japan, drawing most widely on Caron.
  The imaginary scene at the top of the frontispiece shown in the photograph is of interest; it is thought to represent daimyo being received in audience by the shogun.

前の図書へ 次の図書へ


back    home