WEB版稀覯書展示会

通布字典

『通布字典 (Doeff jiten)』
天保4年 (1833)

  一般には 『ドゥーフ・ハルマ』、 または 『長崎ハルマ』 と呼ばれている。 当時オランダ商館長であったドゥーフ (Hendrik Doeff) は文化9年 (1812) 頃、 長崎のオランダ通詞に協力を求め、 ハルマ (Francois Halma) の1729年刊の 『蘭仏辞書』 第2版をもとに蘭日辞書作成の作業に着手、 文化13年 (1816) には一部を完成、 全部を完成したのは彼の帰国 (1817) 後の天保4年 (1833) である。 草稿は長崎奉行に献上、 奉行は幕府に差し出し、 幕府は多くの通詞に訂正を加えさせ、 書写を命じた。 これが本書の原本である。 活字本はなく、 適塾の塾生たちは争って書写を行っている。 当辞書は、 後に桂川甫周によって改訂され、 『和蘭字彙』 として刊行された。
  本学所蔵のものは、 10巻本のうち第8巻が欠本になっている。

  Generally known as Doeff-Halma or the Nagasaki Halma. Hendrik Doeff, director of the Dutch factory at Nagasaki in 1812, obtained the cooperation of the Dutch interpreter at Nagasaki in compiling a Dutch-Japanese dictionary based on the second edition of Francis Halma's Ran-Futsu jisho in 1729. Part of the dictionary was completed in 1816, and the remainder in 1833, after Doeff's return to Holland to 1817. The manuscript was presented to the Nagasaki bugyo, who passed it on to the shogunate; the shogunate ordered it transcribed after editing by several interpreters. The dictionary was never printed, and students at the Tekijuku academy of Dutch studies in Osaka all made their own manuscript copies. It was later revised by Hoshu Katsuragawa, and published under the title Oranda jii.
  Volume 8 of the 10-volume set is missing from the present collection.

前の図書へ 次の図書へ


back    home