WEB版稀覯書展示会

日本紀行

Voyages au Japon
THUNBERG, C[arolo] P[etro]
Paris : 1796
トゥーンベリ 『日本紀行』

  トゥーンベリはスウェーデンの博物学者である。 彼はオランダ東インド会社の医師として1775年 (安永4) 長崎に派遣された。 以来1年数カ月を出島商館付医師として過ごしたが、 その間精力的に資料収集を行い、 日本研究に没頭したと言われている。
  本書は1788年から93年にかけて出版された《Resa uti Europa, Africa, Asia》をフランスの東洋学者ラングレが仏訳したもので、 内容はほぼ半分を日本関係が占めており、 出島における日常生活をはじめとして、 身近な出来事と共に、 日本の産業、 交通、 貨幣、 暦、 言語、 宗教、 文学、 地理、 風俗、 政治制度など広範にわたって記述され、 特に動植物の観察は精細を極めている。

  Carl Peter Thunberg (1743-1828), the Swedish physician and botanist, was born at Jo¨nko¨ping. He came to take up employment as medical officer in the Dutch East India Company. The years from 1771 to 1779 were spent in the travels, the narrative of which forms the nucleus of the present work. The first three years find him in Cape Colony. In 1775 he moved to Batavia, whence he proceeded to Japan, remaining here until June of 1776. During his stay he went avidly about the collection of botanical specimens, while proffering instruction in medicine both at Nagasaki and in Edo. The fruits of his research in Japan were published in Flora Japonica (1784) and Icones plantarum Japonicarum (1794-1805).
  The present volumes are the French translation by Louis Langle`s (1763-1824) of his Resa uti Europa, Africa, Asia, which appeared at Uppsala between the years 1788 and 1793. They contain copious annotations by the translator and by the great French biologist Lamarck.

前の図書へ 次の図書へ


back    home