WEB版稀覯書展示会

日本

Japan
SHOBERL, Frederic
London : [ca.1824]
ショーベール 『日本』

  フレデリック・ショーベール (1775-1853) はロンドンで生まれたが、 家族の出身地はチェコのモラビア地方であったようで、 彼自身、 イギリスの北部にあるモラビア人学校で教育を受けた。
  本書は、 1821年から27年にかけてアッカーマン社から出版された《The world in miniature》(全43巻) 中の一巻で、 12折の小版である。 内容は14章より成り、 日本の地理、 日本人の国民性、 日本の政治、 日本の天皇・宗教、 日本人の服装、 家屋・家具・町、 結婚式・葬式、 日本語、 道・車、 年中行事、 農業、 漁業、 外交、 蝦夷・樺太の順に幅広い日本紹介書になっている。

  Frederic Shoberl (1775-1853) was born in London, but his family originated in Moravia in the present-day Czech Republic, and he himself was educated at a Moravian school in the North of England.
  This work is one of a 12mo (pamphlet size) series entitled The world in miniature, published over a period of 27 years starting in 1821 by the R. Ackerman publishing house. It is divided into fourteen chapters, and deals with many aspects of Japan. The frontispiece is dated 1823, the year after Shoberl translated Titsingh's Me´moires et Anecdotes, and soon after the publication of Golovnin's Narrative of my Captivity in Japan. This work therefore draws heavily on the two preceding works, and also contains quotations from Montanus, Thunberg and Kaempfer.

前の図書へ 次の図書へ


back    home