WEB版稀覯書展示会

村上英俊著 『三語便覧 (Sango binran)』
嘉永7年 (1854)

  本書の著者村上義茂 (英俊) は松代藩医をつとめ、 幕末維新期にフランス語学者として活躍した人である。 幕末期には蕃書調所教授もつとめ維新後も晩年にいたるまで、 日仏文化交流に尽くしたのでフランス政府よりレジョン・ドヌール勲章を贈られた。
  本書の構成は初中終巻の3巻3冊本である。 本文は天文・地理・身体・疾病・家倫・官職・人品・宮室・飲食・衣服など25項目にわけ終巻を言語とし、 陪名詞・附詞・前置詞・附合詞・動詞など5節にわけて、 それぞれに日本語・仏蘭西語・英傑列語・和蘭語に対訳を試みている。 また発音についてカタカナで記述している。 語数は3000をこえる。
  本書は、 オランダ語よりフランス語に入った初歩的な業績といえよう。
  なお、 オランダ語をドイツ語に替えて、 日・仏・英・独の対訳の 『三語便覧』 がある。

  Yoshishige Murakami (Hidetoshi), the author of this work, was physician to the Matsushiro clan, and also a French linguist active around the time of the Meiji Restoration. In the last days of Tokugawa shogunate he served as a tutor in the Bansho Shirabesho, and after the Restoration he was awarded the Legion d'honneur by the French government for his services in cultural exchange between Japan and France.
  The text is arranged in three volumes, giving cross-translations between Japanese, French, English and Dutch under 25 headings such as Astronomy, Geography, the Body, Illness, Morals, Professions, Character, the Court, Food and Drink, Clothing etc., ending with Language; vocabulary is classified by part of speech as adjectives, conjunctions, prepositions, affixes, verbs etc. Pronunciation is given in katakana, for a total of over 3,000 entries. The work can be seen as a basic introduction to French via Dutch.
  Another version was prepared replacing Dutch with German.

前の図書へ 次の図書へ


back    home