WEB版稀覯書展示会

蘭語訳撰

馬場佐十郎撰  『蘭語訳撰 (Rango yakusen)』
文化7年 (1810)

  本書は、 豊前中津藩主奥平昌高 (1781-1855) の命により編集された日本語―オランダ語の辞書で、 中津藩にて刊行されており、 一名 『中津辞書』 ともいわれる。 この辞書は日本語辞書、 節用集に模していろは順に配列、 各項目をそれぞれ天文、 地理等19門に分類し、 約7,000語を収録している。 オランダ語の読み方の表記はない。
  藩主奥平昌高は、 薩摩藩主島津重豪の次男で、 オランダ語をよく話し、 長崎のオランダ商館長ドゥーフよりオランダ名を贈られている。 また、 馬場佐十郎 (1787-1822) は名を貞由といい、 語学の才に恵まれ、 蘭語学書やロシア語学書を著述しており、 本書のまえがきを蘭文で書いている。 尚、 中津藩の家臣神谷弘孝が大いに協力している。
  写本は2冊本、 刊本の方は5冊本のうちの4冊で、 5巻目が欠本となっている。 綴じは3カ所を鋲で止めるという方法が採られている。

  This work is a Japanese-Dutch dictionary compiled on the orders of Masataka Okudaira, Lord of Buzen-Nakatsu (1781-1855); published in Nakatsu, the work is sometimes known as the Nakatsu jisho. It is arranged similarly to the setsuyoshu dictionaries of Japanese current at the time, containing a total of around 7,000 words under nineteen headings such as Astronomy, Geography etc.
  Masataka Okudaira was the second son of Shigehide Shimazu, Lord of Satsuma. He spoke Dutch well, and was given a Dutch name by Hendrik Doeff, director of the Dutch factory at Nagasaki. Sajuro Baba (1787-1822; given name Sadayoshi) was a talented linguist, and the author of primers of Dutch and Russian; the preface to the Rango yakusen was written by him in Dutch. Nakatsu clan retainer Hirotaka Kamiya also gave considerable assistance in the compilation work.
  The manuscript version is in two volumes, while the woodblock version is in five volumes of which four are extant. The volumes are tacked in three places.

前の図書へ 次の図書へ


back    home