WEB版稀覯書展示会

大槻玄沢著 『蘭学階梯 (Rangaku kaitei)』
天明8年 (1788)

  著者大槻玄沢は名を茂質、 字を子煥、 磐水と号した。 杉田玄白の門に入ってオランダ医学を身につけ、 前野良沢からオランダ語を学んだ。 のち仙台の伊達家に仕え、 芝蘭堂をおこして橋本宗吉・稲村三伯・山村才助など多くの門人を育てた。 また文化年間幕命によって天文方につとめ、 ショメールの百科辞書の翻訳にあたったが、 これが 『厚生新篇』 である。
  本書は乾坤2冊25章からなるもので、 乾巻では蘭学のいわれや興隆の次第を略説し、 坤巻で、 文字・数量・配韻・比音・修学・訓詁・転釈・訳辞・訳章・釈義・類語・成語・助語・点例・書籍・学訓にわけてそれぞれ略述している。
  本書は入門者用に編集され、 不完全ではあるがオランダ語法を体系化しているもので、 広く普及して、 オランダ語に対する世人の関心を大いに高めた。

  The author Gentaku Otsuki (given name Shigekata, also known as Shikan, pseudonym Bansui) studied Dutch medicine under Gempaku Sugita and learned Dutch from Ryotaku Maeno. Entering the service of the Date family, lords of Sendai, he set up the Shirando (a school), where his followers included Sokichi Hashimoto, Sampaku Inamura, Saisuke Yamamura and others. During the Bunka era (1804-1818), Otsuki studied astronomy on orders from the shogenate, and translated Chomel's encyclopedia under the title Kosei shimpen.
  The Rangaku kaitei is organized in 2 volumes and 25 chapters; volume 1 gives a brief description of the history and background of Dutch studies, while volume 2 is divided into sections entitled Letters, Numbers and Measures, Rhyme, Phonology, Rhetoric, Exegesis, Interpretation, Translation of Words, Translation of Texts, Explanation of Terms, Synonyms, Idioms, Auxiliary Particles, Punctuation, Bibliography, and Explication, with brief descriptions of each topic.
  The work is intended for beginners and far from complete, but it gained wide acceptance as a systematic grammar of Dutch, and greatly stimulated interest in this language among the general public.

前の図書へ 次の図書へ


back    home