WEB版稀覯書展示会

遍歴記

The voyages and adventures,
of Ferdinand Mendez Pinto
PINTO, Ferdinand Mendez
London : 1663
ピント 『遍歴記』

  1614年にリスボンで刊行されたピントの 『遍歴記』 は、 その後も版が重ねられた。 一方、 イギリス、 オランダ、 フランスなどヨーロッパの他の地域でも各々の言語に翻訳され出版された。 英語版については1653年版、 1663年版、 1692年版 (第3版) の3つの版が確認できるが、 本書はそのうち1663年の版で H.C.ジェントという人物によって英語に翻訳されロンドンで出版されたものである。

  Ferdinand Mendez Pinto (1509?-1583), the Portuguese traveler and adventurer, was engaged in trade in Malacca from about 1537. It is alleged that he was one of those Portuguese who were shipwrecked on Tanegashima in 1542, but there is no evidence to prove this. It is certain, however, that he visited Japan three or more times prior to 1556. In 1551 he was with St. Francis Xavier in Bungo, and 1556 sees him there once more, this time as a member of the Society of Jesus. He wrote the present volume in the midst of poverty after his return to Portugal.
The original text, under the title Peregrinacao was published in 1614. Translations into a number of foreign languages followed, the present English translation appearing in 1663.

前の図書へ 次の図書へ


back    home