WEB版稀覯書展示会

広川獬著 『長崎聞見録 (Nagasaki bunkenroku)』
寛政12年 (1800)

  著者は京都の蘭方医で、 華頂親王の侍医を務めている。 阿波出身で、 字を子典、 号を広門、 瑤池斎、 龍淵と称した。 獬は名である。 寛政2年 (1790) と7年 (1795) の2回、 長崎にそれぞれ3年間滞在している。 本書には、 著者がその間に見聞きした長崎の祭や動植物のほか、 外国の風物等が挿絵入りで記されている。 著者が医師であっただけに 「紅毛人外科箱の図」 は、 特に念入りに描かれている。

  The author was a physician practicing Dutch medicine in Kyoto, and the personal physician to Imperial prince Kacho. A native of Awa, he was also known as Shiten, and adopted the pseudonyms Komon, Yochisai, and Ryuen; Kai was his given name. On two occasions, from 1790 and 1795, he resided in Nagasaki for periods of three years, and the present work is his description of festivals, flora and fauna etc. observed in Nagasaki, together with illustrations of foreign scenes and manners. His depiction of Komojin geka-bako no zu is especially detailed, as one would expect given the author's profession.

前の図書へ 次の図書へ


back    home