WEB版稀覯書展示会

後藤梨春著 『紅毛談 (Komo-dan)』
明和2年 (1765)

  後藤梨春 〔光生 (1696-1771)〕 は江戸時代中期に活躍した本草家。 江戸で田村藍水より本草学 (薬学) を修め、 梧陰菴と号した。 本書上下巻は江戸参府のオランダ人より聞き取ったオランダの地理、 風習、 言語、 産物、 器具、 医薬などを談話体に筆述したもので、 若干の挿絵を収め理解に役立てている。 上巻にはオランダの地理その他を記した後、 オランダ文字とその読み方を載せ、 下巻ではオランダの産物や器具、 医薬などと共に 「エレキテリセイリティ」 (Elektriciteit 電気) に関する事を摩擦式発電機の図を付して説明しており、 日本最初の電気に関する文献ともいわれている。

  Rishun Goto (real name Mitsuo, 1696-1771) was a pharmacologist of the mid-Edo period, who studied pharmaceutics under Ransui Tamura, and took the pseudonym Goin'an. In two parts, this work records in a conversational style information gained from Dutchmen visiting Edo concerning the geography, customs, language, products, tools, medicine etc. of Holland, with some illustrations to aid comprehension. Part 1 describes the geography of Holland and gives the Dutch alphabet with its pronunciation; part 2 describes the products, tools, medicine etc. of Holland, also giving an explanation of "erekiteriseiritei" (Elektriciteit, electricity), accompanied by an illustration of a generator producing electricity by friction; this is said to be the first reference to electricity in Japan.

前の図書へ 次の図書へ


back    home