WEB版稀覯書展示会

大槻玄沢著 『環海異聞 (Kankai ibun)』
文化4年 (1807)

  大槻玄沢は陸中 (岩手県) 出身の蘭学者。 名は茂質、 磐水と号した。 安永7年 (1778)、 江戸で杉田玄白にオランダ医学、 翌年には前野良沢にオランダ語を学んでいる。 彼は天明8年 (1788) に 『蘭学階梯』 を著わし、 文化8年 (1811) に幕府の天文台に勤務、 蘭書の翻訳に従事している。
  本書は玄沢が著わした漂流記で、 彼が仕えた仙台藩の船員津太夫らが回漕中、 暴風雨のためロシア領に漂着、 ナーツカ、 ヤコーツカ、 イルコーツカ、 ペトルブルカなどロシア各地をめぐり、 国王に謁見し、 レザノフ使節と共に帰国するまでの顛末をまとめたものである。 本文中、 漂流民の帰路を示した地図や衣服などの絵図を多く収め、 理解を容易にしている。 なお、 漂流民が帰国の際、 世界地図を受け取り幕府に献じたことは、 地図史上特に興味深い。

  Gentaku Otsuki (given name Shigekata, pseudonym Bansui) was a Rangaku scholar, originating from Rikuchu (modern Iwate prefecture). Otsuki studied Dutch medicine under Gempaku Sugita in Edo in 1778, and Dutch language under Ryotaku Maeno in the following year. Author of the Rangaku kaitei (1788), Otsuki served the shogunate as an astronomer from 1811, and engaged in the translation of Dutch works.
  The Kankai ibun is a record of the experiences of a group of sailors from the Sendai clan, led by Tsudayu, who were shipwrecked on the Russian coast in a storm. Traveling through Nachodka, Yakutsk, Irkutsk, St. Petersburg etc. and received in audience by the Tsar, the sailors returned to Japan with the Rezanov mission. The text contains numerous illustrations, including a map of the sailor's route, Russian clothing etc. Also of interest in relation to the history of cartography is the presentation to the shogunate of a world map brought back by the sailors.

前の図書へ 次の図書へ


back    home