WEB版稀覯書展示会

靄湖漁叟撰 『海外異聞 (Kaigai ibun)』
嘉永7年 (1854)

  本書は、 天保12年 (1841) に 『漂流人善助聞書』 の井上善助と共に漂流した乗組員の1人、 阿波国の農民初太郎がスペイン船に救助され、 カリフォルニアから清国経由で弘化2年 (1845) 長崎に送り帰され、 阿波藩に引き取られ、 藩主蜂須賀斉裕に引見、 漂流の顛末を儒臣前川文蔵が聞き取り編集した 『亜墨新話』 を序と識語を省いて、 5巻5冊として刊行されたものである。 「内容に多くの誤謬と省略とがある。 さしえも木版画であるから原画と遠いものとなっている」 という。 (河野太郎著 『初太郎漂流記』 より)
  漂流のいきさつの他、 スペイン語や衣服、 結婚式など当時のアメリカ (カリフォルニアは善助漂流当時メキシコの領土であった) の風俗習慣についても挿絵入りで述べられており、 一名 『亜墨利加新話』 ともいう。

  This work in five volumes is a version, with the preface and postscript omitted, of the A-Boku shinwa compiled by Confucian minister Bunzo Maekawa and describing the shipwreck and subsequent return to Nagasaki in 1845 via California and China of Hatsutaro, a peasant from Awa who was a member of the crew led by Zensuke Inoue, whose experiences are described in Hyoryunin Zensuke kikigaki. Taro Kawano remarks that "the work has major errors and omissions, and the woodblock illustrations are far removed from the original drawings." (Taro Kawano, Hatsutaro hyoryuki).
  In addition to the account of the shipwreck and subsequent experiences, information is given on Spanish language and clothing, weddings and other customs etc. in contemporary America (California at the time of the shipwreck was Mexican territory), with illustrations. The text is also known as Amerika shinwa.

前の図書へ 次の図書へ


back    home