WEB版稀覯書展示会

日本関係・イエズス会文書

[Materials concerning Japan]
Companhia de Iesus
1587-1623
『日本関係・イエズス会文書』

  これらの書簡は、 16世紀から17世紀に我が国においてキリスト教の布教に携わったルイス・フロイス (1532頃-1597) をはじめとする4人の宣教師が、 当時の日本の現状をイエズス会本部や上司に宛てて書き送った報告書と請願書の原文である。 このイエズス会の原文資料は国内には殆ど保存されていないといわれている。 ポルトガルの某所で発見されたこれらの文書は、 松田毅一、 川崎桃太両教授らによって翻刻、 翻訳の上に解題が付されて刊行された。

  These materials are the texts of reports and petitions written in the 16th and 17th centuries by four Jesuit missionaries in Japan, one of whom was Luis Frois, to the Jesuit headquarters and authorities. Discovered in Portugal (almost no Jesuit documents are known to have been retained in Japan), they were translated, reprinted with explanatory notes, and published in June 1987 to commemorate the 40th anniversary of the foundation of Kyoto University of Foreign Studies.

前の図書へ 次の図書へ


back    home