WEB版稀覯書展示会

漂流人善助聞書

『漂流人善助聞書 (Hyoryunin Zensuke kikigaki)』
弘化2年 (1845) 頃

  井上善助 (久五郎) は紀州周参見出身、 天保12年 (1841) 10月に遭難した兵庫の中村屋伊兵衛持船永住丸の船頭である。 彼は乗組員12人と共に、 同年8月、 兵庫より酒・塩・砂糖・綿などを積み奥州南部へ至る途中嵐のため漂流、 後にスペイン船に救われメキシコに上陸している。 本書は彼の漂流記兼海外見聞記で、 漂流後に上陸、 滞在したラパスやマサトランの状況などを述べ、 さらに、 スペイン語の音標文字や単語、 メキシコの衣服、 楽器などの挿絵を収めている。

  Zensuke Inoue (or Kyugoro) was a native of Susami in Kishu (modern Wakayama), captain of the ship Eiju-maru owned by Nakamuraya Ihei of Hyogo. The ship set sail in August 1841 with a crew of twelve, carrying a cargo of sake, salt, sugar, cotton etc. from Hyogo bound for the northern province of Oshu. Shipwrecked in a storm in October, the crew were rescued by a Spanish ship and taken to Mexico. The text is Inoue's account of the shipwreck and subsequent experiences in Mexico, describing life in La Paz, Mazatlan etc., also giving the Spanish alphabet and some vocabulary, with illustrations of Mexican clothing, instruments etc.

前の図書へ 次の図書へ


back    home