WEB版稀覯書展示会

日本語の知識に関する寄与

Bijdrage tot de kennis van
het Japansche Rijk
FISSCHER, J[ohan] F[rederik] van Overmeer
Amsterdam : 1833
フィッセル 『日本国の知識に関する寄与』

  フィッセルはオランダ商館員として1820年 (文政3) に来日し、 9年間滞在して商館長J.C.ブロムホフの江戸参府に同行した。 1829年に帰任したが、 本書を刊行したこと以外には彼の消息はほとんど不明である。 この本の内容は極めて広い分野に及び、 シーボルトの 『日本』 に類似しているところもあるが、 記述は平易で簡略なものとなっている。 本書は当時の日本人にも注目され、 杉田成卿、 箕作阮甫らによって翻訳され、 『日本風俗備考』 として刊行された。

  Johan Frederick van Overmeer Fisscher (1799- ? ) came to Japan in 1820 as clerk to the Dutch factory at Dejima in Nagasaki. He remained in Japan for a total of nine years, making the journey to Edo in 1822, before returning to Holland. The following years were spent in the compilation of the present work, Contributions to the knowledge of the Japanese Empire, which appeared at Amsterdam in 1833. Some years later a Japanese translation was published in twenty-two volume under the title Nihon fuzoku biko.
  Illustrated by a large number of drawings, plans and maps, the contents of the work range from the customs and religion of the Japanese people to their dress, their way of life and the aspect of their towns, including sections on flora and fauna and on life in the factory at Dejima.

前の図書へ 次の図書へ


back    home