WEB版稀覯書展示会

日本大王国志

Beschrijvinghe van het machtigh
Coninckrijcke Japan
CARON, Francois
Amsterdam : 1648
カロン 『日本大王国志』

  著者フランソワ・カロンの出身について詳しいことはわからないが、 彼の名前などからみて、 おそらくフランス系の人であったと思われる。 カロンは最初調理員手伝いとしてオランダ東インド会社にやとわれ、 1619年 (元和5) に日本に渡航して以来引続き20年余り滞在し、 1639年には平戸商館長に任命されている。 彼は長期間にわたった日本生活で、 言語はもとより広く風俗・国情に精通していた。 本書は1636年にバタビア支社に提出した報告にもとづくものであるが、 オランダ人による最初の日本紹介となった。 内容は地理・歴史・政治・宗教など多方面にわたっているが、 1630年代のいわゆる寛永鎖国成立期の頃の日本記事として、 興味深い著作となっている。

  Little is known of the origins of Francois Caron (c.1600-1673). Caron joined the Dutch East India Company, and served on one of the company's ships as a cook's assistant. In 1619 he jumped ship in Hirado, throwing himself at the mercy of the Dutch trading post there. In 1639 he was appointed director of the trading post, and although he was banished from Japan two years later on the orders of the shogunate, he continued to hold key posts in the company, and in his later years he became a director of the French East India Company.
  This work is based on a report submitted by Caron as an official of the Hirado trading post in response to a questionnaire on local conditions sent out in 1636 to trading posts around Asia by the director of commercial affairs of the Dutch East India Company in Batavia. The book covers a wide range of subjects including the geography, history, politics, religion etc. of Japan, describing the life of the people in great detail, and it is of great interest as the first book on Japan by a Dutchman. Varenius' Descriptio Regni Japoniae was based largely on this work.

前の図書へ 次の図書へ


back    home