ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

教員紹介 ※教員名をクリックすると研究者総覧ページ(専任教員のみ)の内容が確認できます。

氏名 原 一樹
専門分野 観光学、哲学・倫理学、社会理論

ゼミ紹介

科目群

キャリア・スタディ科目群

科目名

サービス・ホスピタリティ研究ゼミⅠ・Ⅱ

ゼミの運営方針、テーマ

運営方針:グローバルな規模で活発化している観光現象や観光ビジネスの現状と課題について、受講者の関心に応じ調査テーマを設定しつつ、英語・日本語での理論的文献研究や現地調査を行い、学会・研究会発表や卒業論文の執筆を行います。

テーマの許容範囲:観光の文化的・社会的意味の探究、観光振興・観光まちづくり、観光ビジネスの最前線など、広く観光やツーリズムに関連するテーマ。

授業のすすめ方

3年次春学期

・各自の興味関心に基づく調査テーマ設定
・テーマに基づく文献の輪読・発表
・テーマの重なり具合によってはグループ調査の導入
・個人、またはグループでの現地調査の実施

3年次秋学期

・文献調査や現地調査の推進と、調査結果のまとめ
・学会、研究会発表(日本観光研究学会全国大会、或いはNPO観光力ネット学生連絡協議会研究発表会)
・卒論テーマの設定、論文作成方法の学習

4年次春学期

・卒論進捗報告会の定期的な実施

4年次秋学期

・卒論進捗報告会の定期的な実施
・卒業論文の完成

その他

・活発化している観光ビジネスや観光といった現象全般に関心のある人の受講を期待します。
・英語・日本語での文献研究と、観光の現場に出向いての現地調査の両方に主体的に取り組める人を募集します。
・他大学との合同活動、学会・研究会発表、観光行政・ビジネスの現場の人々との連携等も、積極的に取り組んでほしいと思います。
・調査テーマや受講生の希望に沿う形で、観光の最前線の現場でのゼミ合宿、ゼミ旅行も検討します。

卒業論文・卒業研究で使用する言語

日本語と外国語(英語)

ゼミの開講形態 <合同ゼミ:3・4年次生が一緒にゼミの授業を履修/分割ゼミ:年次別にゼミを履修>

合同ゼミ

前のページに戻る

Page top