ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

教員紹介 ※教員名をクリックすると研究者総覧ページ(専任教員のみ)の内容が確認できます。

氏名 荘中 孝之
専門分野 日系イギリス人作家カズオ・イシグロを中心に、日本文学やアジア系アメリカ文学等にも関心を持って、文化や翻訳の問題などを研究しています。

ゼミ紹介

科目群

グローバル・スタディ科目群(エリアA)

科目名

比較文化研究ゼミⅠ・Ⅱ

ゼミの運営方針、テーマ

ゼミでは、論文の書き方を基礎からしっかりと学んでもらいたいと思います。基本的にテーマの設定は、英語圏の文化に関することなら幅広く認めます。

授業のすすめ方

3年次春学期

卒業論文の基本的な注意事項等を伝え、テーマを設定し、1枚、2枚と少しづつ書き進めてもらいます。またいくつかのテーマについて、様々な観点から考えてみる、という訓練をします。それによって、一見単純そうな事柄も、複雑な問題を内包していることが理解されるでしょう。

3年次秋学期

卒業論文の具体的な書き方を伝え、発表や面談を繰り返し、各自のテーマを徐々に掘り下げていってもらいます。3年次終了までに、全体の3分の1程度まで書き進めていくことを目指します。

4年次春学期

3年次に設定したテーマについて、さらに深く考察していくために、専門的な文献の収集や、それらをクリティカルに読むこと、引用、注の付け方といった、より具体的で高度な論文作成の方法を学んでいきます。

4年次秋学期

中間発表や面談を行い、ほかのゼミ生や担当教員からの意見を参考にしながら、より完成度の高い論文の完成を目指します。誤字・脱字やその他の不備がないよう、徹底的に見直すことが求められます。最終的には完成したものをゼミで発表してもらいます。

その他

特に文学や映画、音楽などのテクストを、何らかの形で比較の手法を用い、精緻に分析するようなものが望ましいです。ゼミとは皆で切磋琢磨する場であり、また卒論執筆によって多くの貴重な体験ができるはずです。楽しく、そして真剣に取り組みましょう。

卒業論文・卒業研究で使用する言語

日本語と外国語(英語)

ゼミの開講形態 <合同ゼミ:3・4年次生が一緒にゼミの授業を履修/分割ゼミ:年次別にゼミを履修>

合同ゼミ

前のページに戻る

Page top