ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

教員紹介 ※教員名をクリックすると研究者総覧ページ(専任教員のみ)の内容が確認できます。

氏名 安木 真一
専門分野 テーマ:英語教育学
キーワード:英語授業 4技能 語彙 文法 音読 評価 コミュニケーション 入試 
スローラーナー 動機付け

ゼミ紹介

科目群

グローバル・スタディ科目群(エリアA)

科目名

英語教育研究ゼミⅠ・Ⅱ

ゼミの運営方針、テーマ

将来中学や高校の英語教員を目指す人を対象とする。英語教育の現状や諸問題に対する先行研究(文献)を分析的に読む、授業DVDを見る、あるいはゼミ内でプレゼンテーションや意見交換を行い、自分の考えを形成し、最終的に成果物にまとめる。成果物は基本的に英語での作成とする。

授業のすすめ方

3年次春学期

英語教育の現状や諸問題に関する論文を読み、英語授業DVDを視聴する、それについてゼミ内で議論するなどしながら、自分が研究したい分野を探求する。指定された文献について順番に報告し、討論する中で更に考えを深め自分の考えを形成する。積極的な参加が求められる。

3年次秋学期

英語教育の現状や諸問題に関する論文を読み、英語授業DVD視聴を進めながら、各自自分の興味を持つ範囲を絞り込んで行く。後半は現時点での研究の状況を各自発表し、最終的にこの時点での研究テーマを定め、先行研究のレビュー、研究手順の報告、レポートの提出等を行う。積極的な参加が求められる。

4年次春学期

英語教育の現状や諸問題に関する論文を読み、英語授業DVDを視聴し、それについてゼミ内で議論するなどしながら、自分が方向性を定めた研究テーマについて、先行研究のレビュー、研究手順、必要なアンケート調査の作成、問題点などについて、ゼミ内で報告し討論する中で更に考えを深め、研究の大枠を決定し報告し、レポートにまとめる。積極的な参加が求められる。

4年次秋学期

自分の定めた英語教育の現状や諸問題に関する研究テーマについて各自掘り下げながら、ゼミ内で報告し、討論しながら最終成果物作成に向けて努力する。最終的に英語によるプレゼンテーションで研究内容を報告し、最終成果物を提出する。積極的な参加とゼミ内における指導的役割が求められる。

その他

英語教育法Ⅰ, Ⅱ、Learning and Teaching English Ⅰ, Ⅱ、How Languages are Learned in TEFL Ⅰ, Ⅱ、English Teaching Workshop Ⅰ, Ⅱ、Teaching Listening / Speaking and Pronunciation Ⅰ, Ⅱ、Teaching Grammar Ⅰ, Ⅱ、Foreign Language Activities in Elementary School、Teaching English for Young Language Learners、Teaching and Testingから6科目以上受講すること。

卒業論文・卒業研究で使用する言語

日本語と外国語(英語)

ゼミの開講形態 <合同ゼミ:3・4年次生が一緒にゼミの授業を履修/分割ゼミ:年次別にゼミを履修>

合同ゼミ

前のページに戻る

Page top