ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

教員紹介 ※教員名をクリックすると研究者総覧ページ(専任教員のみ)の内容が確認できます。

氏名 吉田 真美
専門分野 教師の成長や教員養成課程、読みのプロセス及び指導(読解タスクや発問、読解指導、多読、文字指導、語彙習得、読解ストラテジー、等)、音声指導(発音、リスニング、スピーキング)、英語指導法全般、早期英語教育(フォニックス、絵本の読み聞かせ)、第二言語習得(動機付け、学習不安、学習ストラテジー、学習スタイル、学習者や教師の信条)、教育現場における諸問題

ゼミ紹介

科目群

グローバル・スタディ科目群(エリアA)

科目名

英語教育研究ゼミⅠ・Ⅱ

ゼミの運営方針、テーマ

上記のトピックに関して課題を絞り、研究課題に適した研究手法(アンケート、インタビュー、実験、観察、ケーススタディ、フィールドワーク、ティーチングプロジェクト、アクションリサーチ等)を用いた調査の実施、または成果物作成(教材、テスト、教具、指導案及び実践記録)を行う。過去の卒業論文または研究のテーマ例は以下の通り:「効果的な4技能統合型の高校英語の指導法」、「小、中学校におけるタスク中心の英語活動」、「フォニックスと読み聞かせによる文字指導法」、「ラウンド制を用いた本文指導」、「効果的なAll Englishでの指導法」、「小中での効果的なチャンツの指導」、「英語上級者のスピーキング学習方略法」、「支援が必要な生徒への効果的な指導」、「教職志望の学生が指導実践から得る学び」、「動機づけにつながる褒め方とは」、等。

授業のすすめ方

3年次春学期

研究テーマを探し、研究手法を学びます。文献の調べ方を学び、研究テーマを見つけるべく、幅広く文献を読むことで、リサーチクエスチョンの立て方や論文の構成を学びます。研究手法は、アンケート、インタビュー、観察、他多数を、協同で体験的に学習します。学期末には研究プロジェクトの計画を発表します。

3年次秋学期

研究テーマについて、研究プロジェクトを行い、結果をまとめます。絞られたテーマについて、より専門的に文献調査を行うと同時に、リサーチクエスチョンに適した手法を用いてデータ収集や成果物作成を行います。結果をミニ論文としてまとめます。学期末には研究プロジェクトの結果報告を行います。

4年次春学期

卒業論文のための研究を計画し、準備を進めると同時に、英語論文の書き方も学びます。文献調査や予備調査から、リサーチクエスチョンを絞りこみ、それへの回答を可能にする適切な研究手法を選び、準備を行います。英語での論文の書き方を学び、研究意義、文献調査のまとめ、研究手法、等を英語で書き上げ、口頭でも発表します。

4年次秋学期

卒業論文のための研究を行い、結果をまとめ、発表します。研究テーマについて、データ収集及び分析、または成果物の作成などを行い、結果をまとめます。研究結果を、先行研究に照らし合わせたり、理論的な枠組みを用いて考察し、英語で書き上げます。研究成果を口頭で発表します。

その他

以下の科目の中から最低2科目は受講していること:Teaching Listening/Speaking and Pronunciation ・Teaching Grammar ・How Languages are Learned in TEFL・Foreign Language Activities in Elementary School・Teaching English for Young Language Learners・Learning and Teaching English・英語教育法Ⅰ又はⅡ、その他、教職関係、英語教育及び第二言語習得関係の科目。

本ゼミでは、文献研究だけでなく、実際の教育現場や、学習者(少人数や大学生、個人でも可)を対象にデータを収集したり、教材や指導の効果を試すことで研究を進めるので、教育実習や支援員、学校ボランティア、塾や家庭教師、及びその他学習活動が営まれる場所などの、学びフィールドにアクセスができることが望ましい。

卒業論文・卒業研究で使用する言語

日本語と外国語(英語)

ゼミの開講形態 <合同ゼミ:3・4年次生が一緒にゼミの授業を履修/分割ゼミ:年次別にゼミを履修>

合同ゼミ

前のページに戻る

Page top