ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

教員紹介 ※教員名をクリックすると研究者総覧ページ(専任教員のみ)の内容が確認できます。

氏名 元山 千歳
専門分野 メディアから読むアメリカ。方法論はカルチュラル・スタディーズ。

ゼミ紹介

科目群

グローバル・スタディ科目群(エリアA)

科目名

比較文化研究ゼミⅠ・Ⅱ

ゼミの運営方針、テーマ

文化が社会をつくる。文化が自己と未来を輪廓化する。だからテーマは自分でつかむが、ファッション、食品、エネルギー、IT、スポーツ、音楽や映画制作などの企業をはじめアーティストや社会はSDGsにどうして取り組むのか。生活環境は文化である。グローバル時代を生きぬく基礎力が論文を書く行為だと位置づける。領域は英語圏あるいは日本文化との比較。面談あり。

授業のすすめ方

3年次春学期

指定図書『出来事から学ぶカルチュラ・スタディーズ』をチームで読み、論じ、プレゼンのためのハンドアウトを作成する。という作業のなかで多様性を感得し、各自のテーマを発掘、構築していく。と同時に、論文完成にいたる作業手順をクラスでのワークショップおよび4年生のプレゼンから学ぶ。

3年次秋学期

各自のテーマをしぼりこみ厚みをつけるために、関連研究書を各自選択解読し、テーマについてプレゼンする。これをもとに論文の一部となるレポートを作成し提出する。と同時に、論文完成にいたる展開の技術を4年生のプレゼンから学ぶ。

4年次春学期

MLA方式にそって、資料評価と作業文献表、アウトライン、草稿にいたる論文完成への作業手順を、3年生支援の心意気で、再確認し、草稿入力に役立てる。

4年次秋学期

MLA方式にそって、アウトライン再検討、序論、本論、転、結論の草稿を作成し、クラスにてプレゼン、意見交換とコメントをもとに、質の高い論文へと仕上げる。と同時に、3年プレゼンへの建設的コメントをもってクラスに参加する。さあ果たして、時代を生きぬく基礎力はついた、と言い切れるかどうか。

卒業論文・卒業研究で使用する言語

日本語と外国語(英語)

ゼミの開講形態 <合同ゼミ:3・4年次生が一緒にゼミの授業を履修/分割ゼミ:年次別にゼミを履修>

合同ゼミ

前のページに戻る

Page top