ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

教員紹介 ※教員名をクリックすると研究者総覧ページ(専任教員のみ)の内容が確認できます。

氏名 片山 環
専門分野 通訳ガイド、逐次通訳

ゼミ紹介

科目群

キャリア・スタディ科目群

科目名

サービス・ホスピタリティ研究ゼミⅠ・Ⅱ

ゼミの運営方針、テーマ

テーマは、インバウンド・ツーリズム(訪日観光)における英語での日本紹介。
運営方針は、(1)クラス全体で、日本観光の様々なトピックについて学習する(2)クラス全体で外国人観光客へのアンケート調査票を作成し、実施・集計・分析作業をする(3)学生各自が選んだトピック(文化・生活・産業・観光名所・伝統行事・京都観光等)の研究成果を英語で作成し、クラス内で発表する

授業のすすめ方

3年次春学期

日本を紹介する英語教材から様々なトピックを学習し、ディスカッションやライティングにより、お互いの意見を交換する。クラスで作成する外国人観光客への第1回アンケート調査に協力する。調査結果から、日本や京都観光の課題を考察し、自分の意見を英語で発表する。

3年次秋学期

日本を紹介する英語教材からさらに様々なトピックを学習しながら、英語表現法を高める。クラスで作成する外国人観光客への第2回アンケート調査に協力する。年間を通した調査結果から、日本や京都観光の課題を考察し、自分の意見を英語で発表する。4年次の卒業制作物のテーマにつなげていく。

4年次春学期

日本を紹介する英語教材から様々なトピックを学習し、ディスカッションやライティングにより、お互いの意見を交換する。クラスで作成する外国人観光客への第3回アンケート調査に、自分の研究テーマを反映した質問項目を入れる。卒業制作物の研究テーマの中間発表を英語で行う。

4年次秋学期

卒業制作物完成に向けてさらに情報取集し、英語での表現力を高めていく。クラスで作成する外国人観光客への第4回アンケート調査に、自分の研究テーマを反映した質問項目を入れる。卒業制作物を完成し、クラス内で英語で発表する。

その他

(1)英語インテンシブ科目のEnglish for Interpreters & Guides I, II, II, IVのいずれかを受講しておくことを勧める。
(2)英会話力を生かしてインバウンド業界に就職希望をする学生も多く、ホテル、エアライン、旅行会社に就職する者もいれば、小売業や不動産業、教育産業に就職したり、公務員となったゼミ生もいる。

卒業論文・卒業研究で使用する言語

外国語のみ(英語)

ゼミの開講形態 <合同ゼミ:3・4年次生が一緒にゼミの授業を履修/分割ゼミ:年次別にゼミを履修>

合同ゼミ

前のページに戻る

Page top