ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

教員紹介 ※教員名をクリックすると研究者総覧ページ(専任教員のみ)の内容が確認できます。

氏名 大野 直樹
専門分野 専門分野はアメリカ外交史。特に冷戦期を対象としており、中央情報局(CIA)による情報収集・分析活動が、アメリカの外交政策の形成に与えた影響を検証することを主な研究課題としている。この他、アメリカの政治・外交全般、またアメリカのみならず近現代の国際政治史全般に強い関心をもっている。

ゼミ紹介

科目群

グローバル・スタディ科目群(エリアB)

科目名

グローバル研究ゼミⅠ・Ⅱ

ゼミの運営方針、テーマ

運営方針: 専門書・論文の講読と、各自の研究発表を二つの軸としてゼミを進めていく。文献購読では基礎知識の習得と各自の研究テーマの決定を目的とする。研究発表では他の学生との議論を通じて、卒業論文の完成度を高めることを目的とする。
テーマの許容範囲: アメリカの政治・外交に関係するものであれば広く受け入れる。またアメリカに限らず、近現代の国政政治・安全保障に関係するものも広く許容する。

授業のすすめ方

3年次春学期

テーマ決定のために、各自が関心のある分野の本を読んでその内容を発表する。

3年次秋学期

卒業論文の一つの章を書くための準備として、卒業論文の一部となる内容について綿密な調査に基づいた詳細な報告を行う。

4年次春学期

卒業論文の課題を再確認したうえで、3年次秋学期にとりあげた章とは別の章の内容について綿密な調査に基づいた詳細な報告を行う。

4年次秋学期

卒業論文の原稿をゼミ生全員が読んで議論を重ね、完成度を高める。

その他

文献購読にしても研究発表にしても、ゼミでは事前学習が必須である。十分な準備をしたうえで良質な報告をすることが、活発な議論を生むことにつながる。主体的にゼミ運営を担える学生を歓迎したい。

卒業論文・卒業研究で使用する言語

日本語と外国語(英語)

ゼミの開講形態 <合同ゼミ:3・4年次生が一緒にゼミの授業を履修/分割ゼミ:年次別にゼミを履修>

合同ゼミ

前のページに戻る

Page top