ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

教員紹介 ※教員名をクリックすると研究者総覧ページ(専任教員のみ)の内容が確認できます。

氏名 近藤 睦美
専門分野 外国語教育学
外国語学習者論(動機づけ、学習方略、自己調整など)
外国語カリキュラム・デザイン

ゼミ紹介

科目群

グローバル・スタディ科目群(エリアA)

科目名

英語教育研究ゼミⅠ・Ⅱ

ゼミの運営方針、テーマ

英語学習・教育を広く捉えるゼミです。
英語学習にはさまざまな要因(教師、教授法、学習環境、学習者の個人差、社会など)が関係します。それらの中で学生自身が興味を持つものについて理解を深め、自ら収集したデータを科学的に分析・考察した上で教育的な示唆を提案することを目標とします。

授業のすすめ方

3年次春学期

・英語・外国語教育研究とは何かを知る
・英語・外国語教育研究に関わる様々なトピックを、先輩の発表や自らの文献調査を通して知る
・関心のあるテーマを調査し、発表する
・論文のサマリー作成ができるようになる

3年次秋学期

・英語・外国語教育研究に関する知識をさらに深める
・4年次生の発表を通し、具体的な研究方法を知る
・文献調査や4年次生による発表や論文に対するコメントをすることで、批判的思考を鍛える
・卒業研究のテーマを絞り、リサーチクエスチョンを立てる
・論文の先行研究の大半を完成させる
・APAスタイルに慣れる

4年次春学期

・研究方法に関する知識を深め、自身のRQに必要な研究方法を選択する
・各自がフィールドに出てデータ収集を行い、分析を実施する
・APAスタイルにそって文章を作成できるようになる
・3年次生へのアドバイスを行うことで、知識・研究スキルをより強固なものにする

4年次秋学期

・データ分析結果の考察を行い、教育的示唆を考える
・これまでの文献研究、データ分析結果を論文にまとめる
・学科主催のポスタープレゼンテーションにて発表をする

その他

これまで指導した論文タイトル
・母語を失う子どもたち:ダブルリミテッド・バイリンガルの原因と現状
・ICTを用いた学習者の動機づけ
・日韓の中学校英語教科書比較
・The Difference of Verbal Encouragement between Japanese and Native-Speaking English Teachers in EFL Classrooms
・Writing Anxiety of Japanese English Learners
・The Comparison between Intensional and Incidental Vocabulary Learning

卒業論文・卒業研究で使用する言語

日本語と外国語(英語)

ゼミの開講形態 <合同ゼミ:3・4年次生が一緒にゼミの授業を履修/分割ゼミ:年次別にゼミを履修>

合同ゼミ

前のページに戻る

Page top