ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

教員紹介 ※教員名をクリックすると研究者総覧ページ(専任教員のみ)の内容が確認できます。

氏名 梶川 裕司
専門分野 教育心理学

ゼミ紹介

科目群

キャリア・スタディ科目群

科目名

教育研究ゼミⅠ・Ⅱ

ゼミの運営方針、テーマ

以下①~③の志向を持つ人で、教育、心理の分野で「何かを明らかにしたい」「大きな疑問がある」人はゼミに来てください。
①教員を目指している人
②学校教育に深い関心を持っている人
③青少年の心理に深い関心を持っている人

授業のすすめ方

3年次春学期

合同ゼミの特色を生かして4年次生の先輩の卒業論文のテーマ、進行状況から3年次、4月の今、これから何をすべきかを学ぶ。
上記をもとに、現段階での仮テーマを設定し、そのテーマの研究にはどのような方法論があるかを知ることを最重要事項とする。

3年次秋学期

4年次生の先輩の卒業論文進行状況を、見ることで、今後の卒業論文完成までのスケジュールを立てる。
とくに研究テーマを確定することを最重要事項とし、その研究の前提としての文献・資料収集をこの期間におこなう。

4年次春学期

先に決定したテーマについて12月の卒業論文提出日までの研究・執筆スケジュールを立てる。とくにスケジュール作成にあたっては人生の最重要課題の一つである就職活動との兼ね合いを考慮しつつ立てることを最重要課題とする。

4年次秋学期

種々の方法論によって進めてきた研究を一つの完結した「論文」にまとめ上げることを最重要課題とする。

その他

ゼミ生の「知的好奇心」をベースにゼミを運営します。「知的好奇心」がある人には、おもしろいゼミになるよう全力で指導するつもりです。また科学的研究の方法論を、身につけてもらいたいと考えています(これは社会に出てから役に立つと思います)。

卒業論文・卒業研究で使用する言語

日本語と外国語(英語)

ゼミの開講形態 <合同ゼミ:3・4年次生が一緒にゼミの授業を履修/分割ゼミ:年次別にゼミを履修>

合同ゼミ

前のページに戻る

Page top