ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

教員紹介 ※教員名をクリックすると研究者総覧ページ(専任教員のみ)の内容が確認できます。

氏名 村上 正行
専門分野 教育工学・大学教育学

ゼミ紹介

科目群

キャリア・スタディ科目群

科目名

情報・メディア研究ゼミⅠ・Ⅱ

ゼミの運営方針、テーマ

「情報」「メディア」をキーワードとして、現代社会をさまざまな視点から捉え、自分で見つけたテーマについて考察し、理解を深めることを目標とします。情報コミュニケーション技術(ICT)を教育に活用する研究を主としますが、ICT、ソーシャルメディア、インターネット、サブカルチャーに関する研究、大学教育のあり方や問題点などに関する研究など、本人のやる気があれば幅広く対応します。
3年生の春はゼミ全体のテーマに関する輪読、3年生の秋から自分のテーマに基づいた研究発表を行ってもらいます。3年の終了時点で6000字のミニ卒論、4年生の12月に16000字の卒論を書くこととします。

授業のすすめ方

3年次春学期

輪読の発表
・A4 2枚のレジュメを作成して発表(春学期で2回の発表を予定)
・参加者の興味・関心にあわせて本を選定し、1冊4名程度で担当を決定
・1回につき、20~30ページを担当

3年次秋学期

卒論のテーマ・内容についてPowerPointを使って発表
・秋学期で2回の発表
・10分発表、10分質疑応答の予定
・他のゼミ生が内容を理解できるように準備すること

4年次春学期

卒論のテーマ・内容についてPowerPointを使って発表
・秋学期で2回の発表
・10分発表、10分質疑応答の予定
・他のゼミ生が内容を理解できるように準備すること

4年次秋学期

卒論中間発表と最終プレゼン
・11月に卒論の原稿、進捗状況を説明(Wordで卒論を配布)
・目次案、10,000字(最終は16,000字以上)が目安
・10分発表、10分質疑応答の予定

・1月に卒論の成果をゼミ生向けに発表
・PowerPoint1枚のスライドを作成

その他

秋にゼミ合宿を行ないます。また、さまざまな学会への参加も推奨しています。他大学との交流も行ないたいと考えており、ゼミの時間外の活動も求めます。大変かもしれませんが、いろいろやってみたいという学生を待っています。

卒業論文・卒業研究で使用する言語

日本語と外国語(英語)

ゼミの開講形態 <合同ゼミ:3・4年次生が一緒にゼミの授業を履修/分割ゼミ:年次別にゼミを履修>

合同ゼミ

前のページに戻る

Page top