ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

教員紹介 ※教員名をクリックすると研究者総覧ページ(専任教員のみ)の内容が確認できます。

氏名 畑田 彩
専門分野 環境教育・生態学

ゼミ紹介

科目群

キャリア・スタディ科目群

科目名

生活・環境研究ゼミⅠ・Ⅱ

ゼミの運営方針、テーマ

卒論のテーマは環境問題、サイエンスコミュニケーション、環境とかかわりの深い生活全般を幅広く受け入れますが、適切な参考文献が5冊以上あるテーマに限ります。

授業のすすめ方

3年次春学期

前半の授業で、新4回生の卒論に関するプレゼンテーションを聞きます。後半の授業では、4回生の卒論テーマの中の一つを選択して、3、4回生合同のグループで、フィールドワークをし、その結果をまとめて発表してもらいます。フィールドワークのテーマは、4回生の卒論に関係する内容とします。

3年次秋学期

卒論のテーマを決定し、卒論の土台となる8000字のレポートを作成します。卒論の書き方(論文の構成、文章の作り方、引用文献の表記方法など)も指導します。

4年次春学期

前半の授業で、前年秋学期に書いたレポートの内容を発表してもらいます。後半の授業では、3、4回生合同のグループで、フィールドワークをし、その結果をまとめて発表してもらいます。フィールドワークのテーマは、4回生の卒論に関係する内容とし、その内容を卒論に含めることとします。授業時間内で卒論を書く時間は取らないので、各自時間を見つけて書き進めてください。

4年次秋学期

卒論を完成させます。添削は適宜行います。11月中に完成に近いものを一回提出してもらいます。

その他

春学期は3、4回生合同のグループで、4回生の卒論テーマと関係のある問題について、フィールドワークも含めた調査活動を行います。秋学期は卒論のテーマを決めて個人ごとに調査し、3回生は8000字のレポート、4回生は3回生の時に書いた8000字のレポートを土台として16000字の卒論を書いてもらいます。専門知識は問いません。「生活と環境」を受講済、もしくは3回生の時に受講することが望ましいです。

卒業論文・卒業研究で使用する言語

日本語のみ

ゼミの開講形態 <合同ゼミ:3・4年次生が一緒にゼミの授業を履修/分割ゼミ:年次別にゼミを履修>

合同ゼミ

前のページに戻る

Page top