ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

教員紹介 ※教員名をクリックすると研究者総覧ページ(専任教員のみ)の内容が確認できます。

氏名 福原 啓郎
専門分野 中国の歴史、とくに時代で言えば2~4世紀、『三国志』およびポスト『三国志』の歴史。京都外国語大学では世界史などの授業を担当。

ゼミ紹介

科目群

グローバル・スタディ科目群(エリアB)

科目名

グローバル研究ゼミⅠ・Ⅱ

ゼミの運営方針、テーマ

三年次生はレポート(8000字以上)の作成(2018年1月提出)、四年次生は卒業論文の作成(2017年12月提出)に向けて、春学期は、アジアの食文化の文章を素材にしたレポート・卒論作成のトレーニング、秋学期は、レポート・卒論作成のトレーニング(続き)と三年次生のレポート作成に向けての口頭発表と四年次生の卒論提出前の指導などを予定しています。
レポート・卒論のテーマの許容範囲は、地域はアジアの東半分(中国・韓国・日本などの東アジアとベトナム・タイ・インドネシアなどの東南アジア)、分野は歴史もしくは文化(食の文化など)、この二つの条件を満たしていることが望ましい。現代の政治・経済・社会は私自身苦手で、指導が行き届きません。

授業のすすめ方

3年次春学期

・レポートのテーマの設定
・レポート、卒論の書き方の演習
・図書館での演習

3年次秋学期

・4年次生の卒論の口頭発表
・3年次生のレポートの口頭発表
・レポートの作成と試問

4年次春学期

・卒論のテーマの確認
・レポート、卒論の書き方の演習
・図書館での演習

4年次秋学期

・4年次生の卒論の口頭発表
・3年次生のレポートの口頭発表
・卒論の完成と試問

その他

私の講義、たとえば、「世界史B」「アジアの歴史と文化」「中国文化圏の歴史」などのうち、一つでも受講していることが望ましい。毎回のゼミで、レポート・卒論の作成に向けて、主体的に取り組み、少なくとも、手法・知識など、何か一つは獲得してください。

卒業論文・卒業研究で使用する言語

日本語のみ

ゼミの開講形態 <合同ゼミ:3・4年次生が一緒にゼミの授業を履修/分割ゼミ:年次別にゼミを履修>

合同ゼミ

前のページに戻る

Page top