ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

教員紹介 ※教員名をクリックすると研究者総覧ページ(専任教員のみ)の内容が確認できます。

氏名 久保 哲男
専門分野 第2言語習得研究、英語・日本語教育を軸に、グローバル社会における外国語教育の意義について考えたい。さらに、学内共同研究「文化をあるくWalk Within & Beyond Cultures(WWBC)において、本学の多様な先生方や留学生と協働してきた、多言語学習DVDの製作の過程から得たことも共有したいと考える。後者については、wwbc kufsで検索可能。

ゼミ紹介

科目群

グローバル・スタディ科目群(エリアB)

科目名

グローバル研究ゼミⅠ・Ⅱ

ゼミの運営方針、テーマ

上記のグローバル社会における外国語教育の意義について補足するために、以下のテーマを、例として、挙げておく。
外国語教育のパラダイムシフト、外国語の良き学習者・教師の特性、外国語教育と多様性、ことばの使用と誤解、ことばと文化理解など。
授業運営:先ずは、共通文献(授業開始時に配布する2つの英語文献)を基にして、①各自の関心事、具体的事例を探し、ノートに記録する。②これらの項目を整理、マッピングする。③整理した項目を発表し、担当教員と面談を開始する。④研究課題の設定、章立て、引用をさらに洗練させ、完成に向かう。

授業のすすめ方

3年次春学期

①外国語教育の変遷(パラダイムシフト)に関する「共通文献(英語/上級)」を紹介し、解説する。②コミュニケーション論と一般意味論に関する「共通文献(英語・上級)を紹介し、解説する。③その解説や関連項目を参考にして、各自のテーマを模索する。④各自の周りや他の文献にさらなる事例と背景理論を求める。⑤それらを発表し、他者との意見交換を経ながら、⑥「春セメスターまとめ」として「経過レポート」を提出する。

3年次秋学期

⑦春セメスターの経過レポートを基に、さらなる事例と理論を探る。⑧それらを発表し、他者との意見交換を経ながら、⑨「秋セメスターまとめ」として「まとめレポート」を提出する。

4年次春学期

3年次タスクの継続として、3年次①~⑤の活動に参加するとともに:
①「グローバル社会における外国語教育の在り方」あるいは「思考(文化)の多様性とことばの使用」等について、Clusteringとアウトラインの作成に努める。②関連文献をあたる。③担当者の助言を受けながら、成果物の完成に向かう。

4年次秋学期

3年次タスクの継続として、3年次⑦~⑧の活動に参加するとともに:
①成果物の完成に向かう。この間、数回の途中報告を求める。②成果物を期日までに教務部に提出し、担当者の評価を受ける。

その他

1)2種類の共通文献(英文)の解説を参考にしながら、各自の興味分野(上記主要テーマを参照)についての関連項目を自らが列挙しClustering(ブレインストーミニグ)すること、そしてそれを基に、担当者との間でconferencing(面談)を重ねることが最低条件です。
2)評価は、各自の事例探究と発表から開始されますが、成果物を完成させる際の原書読解・引用能力と段落構成能力は主要な評価項目になります。
3)前半の解説部分以外では、教師主導の授業はできるだけ避けて受講者主導の授業を求めたいと思います。

卒業論文・卒業研究で使用する言語

日本語と外国語(英語)

ゼミの開講形態 <合同ゼミ:3・4年次生が一緒にゼミの授業を履修/分割ゼミ:年次別にゼミを履修>

合同ゼミ

前のページに戻る

Page top