ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

教員紹介 ※教員名をクリックすると研究者総覧ページ(専任教員のみ)の内容が確認できます。

氏名 藤井 大輔
専門分野 ・現代中国経済
・アジア経済
・開発経済学

ゼミ紹介

科目群

グローバル・スタディ科目群(エリアA)

科目名

中国語圏ゼミⅠ・Ⅱ

ゼミの運営方針、テーマ

現代中国、アジア経済の諸問題について、自らの設定したテーマにもとづいて、分析をおこない、卒業論文を作成することを目標とします。
中国のみならず、東アジア、東南アジアの経済発展に関することであれば、広く受け入れます。金融、財政、企業経営、教育、環境など「経済学的な視点」にもとづくものであれば、対象とするテーマは自由とします。
また、経済学そのものはどちらかというと欧米の学問なので、中国語は必須ではありません。

授業のすすめ方

3年次春学期

中国経済に関する新聞記事を報告+ディスカッションしてもらうとともに、中国経済を分析するツールとしての経済学の基礎的な考え方を講義+練習問題を説く形式で学びます。

3年次秋学期

中国経済の各トピックを扱っている専門的なテキストや論文を輪読形式で報告してもらい、4年次の卒業論文のテーマ選びの準備を行い、秋学期終了時点までにテーマを決定してもらいます。また、あわせて論文を書くにあたってのマナーや資料収集の方法についても学びます。

4年次春学期

各自が決定した卒業論文のテーマに関する既存研究の収集とその報告してもらい、論文執筆の目的意識や背景といったイントロダクション部分を執筆していきます。また、各自のテーマに関する分析手法についても学びます。

4年次秋学期

卒業論文の各自の分析結果と考察をまとめていき、完成をさせます。12月の提出後は、卒業論文の内容についてプレゼンテーションをしてもらい、質疑応答を行うことで最終試問とします。

その他

本学の学生にとって、経済学はあまりなじみのない学問かもしれませんが、現代社会で生活するうえで、経済と無関係に生活することは不可能です。経済のしくみを知りたいという学生は広く受け入れたいと思います。
また、分野的に英語の文献が豊富なので、他学科の学生もある程度英語ができれば問題ありません。

卒業論文・卒業研究で使用する言語

日本語と外国語(英語、中国語)

ゼミの開講形態 <合同ゼミ:3・4年次生が一緒にゼミの授業を履修/分割ゼミ:年次別にゼミを履修>

分割ゼミ

前のページに戻る

Page top