ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

教員紹介 ※教員名をクリックすると研究者総覧ページ(専任教員のみ)の内容が確認できます。

氏名 杉本 義美
専門分野 1.実践英語教育研究
2.英語授業研究(授業改善)
3.小・中・高連携英語教育
4.学習評価
5.指導と評価の一体化を目指す教育
6.教育現場で起こる諸問題への教師の対応

ゼミ紹介

科目群

グローバル・スタディ科目群(エリアA)

科目名

英語教育研究ゼミⅠ・Ⅱ

ゼミの運営方針、テーマ

「教育、教師、学習、学校、教材、外国語習得」
上のテーマ、キーワードに基づき、学生自身が自分で調べ、経験し、かつ柔軟な発想と豊かな英語力を駆使して成果物を完成する。本ゼミの到達目標は以下の2つである。
1.卒業後に役立つ研究を行い、成果物を作成することができる。
2.基本的には、英語で論文に仕上げることができる。

授業のすすめ方

3年次春学期

基本的な英語教育関係の知識と英語力の向上を目指す。特に次の項目の能力を身に付ける。
1. 基本的な第二言語習得の基本知識の習得することができる
2. 外国語習得と第二言語習得の相違点の理解することができる
3. 第二言語習得に関わる概説書(英文)を読んで理解できる。

3年次秋学期

第二言語及び外国語習得に関わる実践的な指導について理解し、その基本的な技術を身に付ける。特に次の項目の能力を身に付ける。
1.第二言語及び外国語習得理論を活かした英語指導を理解できる。
2. 実践的な英語指導の進め方を理解できる。
3. 日本における英語教育の現状及び課題を知ることができる。

4年次春学期

過去の研究成果物(論文・教材開発等)を批判的かつ分析的に読み、その成果及び問題点を理解し、自分の研究テーマを決定できる。特に次の項目の能力を身に付ける。
1. 諸論文等を読みテキストクリティークできる。
2. 自分の研究に関連する文献、論文を分析でき、研究課題を明確にできる。

4年次秋学期

学生自身が自分で調べ、経験し、かつ柔軟な発想と豊かな英語力を駆使して成果物を完成する。本ゼミの最終到達目標は以下の2つである。
1. 卒業後に役立つ研究を行い、成果物を作成することができる。
2. 基本的には、英語で論文に仕上げることができる。

その他

英語教育に係る仕事《教員、教育産業》に就こうと考えている人にとっては、とても役に立つ情報がいっぱい得られるゼミです。
厳しいですが、愛があるゼミです!

卒業論文・卒業研究で使用する言語

日本語と外国語(英語)

ゼミの開講形態 <合同ゼミ:3・4年次生が一緒にゼミの授業を履修/分割ゼミ:年次別にゼミを履修>

合同ゼミ

前のページに戻る

Page top