ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

教員紹介 ※教員名をクリックすると研究者総覧ページ(専任教員のみ)の内容が確認できます。

氏名 河上 幸子
専門分野 ☆学問分野 Discipline:文化人類学 Anthropology

☆研究関心 Research Interests:移民研究 Migration Studies
最近は地方再生の解決策としての移民史の資源化という問題に関心をもち、和歌山県のアメリカ村に出入りしています。

☆方法 Methodology:多言語フィールドワーク Multilingual Fieldwork、エスノグラフィー Ethnography、ライフストーリー・インタビュー Life Story Interviews

☆言語 Languages:日本語 Japanese、英語 English、韓国語 Korean

ゼミ紹介

科目群

グローバル・スタディ科目群(エリアB)

科目名

国際教養ゼミⅠ・Ⅱ

ゼミの運営方針、テーマ

学外の現場に出て学ぶこと、そして自ら問題を発見し、中身を伴った研究に発展させていくプロセスを重視しています。そのため、夏休みや春休みにも必要に応じて、合宿や自主ゼミをおこないます。飲み会は少ないほうですが、ゼミの時間にピザやスイーツを囲んでおこなう交流会や、卒業時の追い出しコンパなどの行事は楽しくおこなっています。

近年は、かつてカナダに移民を多数送りだした和歌山県日高郡美浜町のアメリカ村と呼ばれる地区に足を運んで、町の人たちと一緒にまちづくりに取り組んでいます。みんなで面白いことを考えて実行してみたい方、いろいろな人に話を聞きにいってみたい方など、意欲ある方々を特に歓迎します。

In this seminar, the focus will be placed on community-based fieldwork research projects. Students are expected to challenge themselves to reach the higher level of intellectual curiosity and creativity.Those who have interest in migration studies and multicultural community building are particularly welcome.

授業のすすめ方

3年次春学期

すべてのゼミ生にとって意味ある学びの場を作っていくために、最初の学期は、まずお互いを知り合うことに時間を割きます。プロジェクトに一緒に取り組むことを通して、関心の所在がどこにあるのか一緒に探っていきましょう。

In order to create a supportive learning environment for everyone in the seminar, the first priority of the first semester of Kawakami seminar will be to get to know each other. By working on a project together, you will start to explore your own interests.

3年次秋学期

秋学期からは、どのような卒業論文・卒業研究に取り組むのかについて考えていきます。自分の関心を深めるために他の人が書いた論文を読み、研究や論文とはどのようなものかを知り、自分はどのような問題や方法に取り組むのかを考えます。最終的には、研究計画にまとめて4年次生に備えます。

The goal of the fall semester of the 3rd year is to write a research proposal for your graduation paper or project. By reading academic papers of your interest, you will learn about the formats and methods of academic research as well as develop your own research questions.

4年次春学期

4年次生の春学期からは、3年次の終わりにまとめた研究計画にもとづいて、各自、本格的に研究を進めていきます。就職活動や教育実習なども入ってくるため、個別指導も必要に応じて取り入れるほか、夏休みには1泊合宿をおこない研究をサポートします。

The spring semester of the 4th year will help you further proceed with your graduation paper or project based on the research proposal you wrote in the fall semester of the 3rd year. Individual touchbase meetings and an overnight summer camp will also be held.

4年次秋学期

ゼミ最後の学期は、卒業論文・研究の仕上げに総力を傾けます。
お互いにサポートしあって、11月30日までにゼミ生全員が卒業論文・卒業研究を仕上げることを目標としています。

The goal of the final semester of the seminar is to finish, polish, and turn in your graduation paper and project. All of you will work hard and support one another to complete your final draft by November 30th.

その他

本ゼミでは、現場で過ごす時間とともに、読む作業も重視します。なぜなら、それがアカデミックな文脈でどのように問いを提示し、議論を展開すればいいのかを学ぶために一番効果があるからです。

Be prepared for academic readings as well as fieldwork. Reading other people's papers tells you how to write your own paper.

卒業論文・卒業研究で使用する言語

日本語と外国語(英語)

ゼミの開講形態 <合同ゼミ:3・4年次生が一緒にゼミの授業を履修/分割ゼミ:年次別にゼミを履修>

合同ゼミ

前のページに戻る

Page top