ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

教員紹介 ※教員名をクリックすると研究者総覧ページ(専任教員のみ)の内容が確認できます。

氏名 ユイス・バユス
専門分野 私の専門分野は社会学である。特に、経済システムと人々の暮らしとの関係についての国際比較に興味を持っている。現在、研究プロジェクト二つに参加している。一つは再生可能エネルギー普及の条件についての研究である。もう一つは障害者の社会インクルージョンについての研究である。

ゼミ紹介

科目群

グローバル・スタディ科目群(エリアA)

科目名

スペイン語圏社会ゼミⅠ・Ⅱ

ゼミの運営方針、テーマ

本ゼミのテーマは現在スペイン語圏社会である。ゼミの目的は、スペイン語圏社会の仕組みを日本社会の仕組みと比較しながら分析し、理解することである。社会はさまざまな制度および人々のグループによって作られているものである。制度とは、家族、企業、マスメディア、国家、教育システム、福祉システム、文化などである。社会のグループは、収入や職業、年齢、性別、国籍などによるグループがある。また、私たちの行動はそれらの制度に左右されている。例を一つ挙げると、40年前のスペインで、女性は男性と同じ就職することを選ぶのが難しかった。その理由は、教育、企業の態度、親の考え方などが女性を専業主婦に進めていたのである。しかし、男女平等を求める女性が増え、男女平等が教育の価値観の一つになり、男女平等を進める政策が遂行され、現在、就職しないで専業主婦になるスペイン人女性は少ない。日本と比較するとスペインのほうが男女平等は進んでいる。

授業のすすめ方

3年次春学期

スペインを中心にスペイン語圏社会の構造、社会における特徴、対立や変動について読み、プレゼンテーションし、議論しながら卒業論文の研究テーマを決めます。

3年次秋学期

研究テーマについてデータを集め、そのデータを分析し、論文構造を明確にして卒業論文作成を始めます。

4年次春学期

研究テーマについてデータを集め、そのデータを分析して卒業論文作成を進めます。

4年次秋学期

卒業論文を完成し、修正します。プレゼンテーション方法も勉強します。

その他

本ゼミは、先生の指導を受けながら、またクラスメートの意見を聴きながら、学生が興味を持つ研究テーマを選んで、参考文献を調べて読んで、論文構造を決めて、データを分析し、選んだテーマについて深く理解し、独自の論文を作成する。授業は、学生たちのプレゼンテーションおよびディスカッションを中心に進める。また、研究方法論、発表の技術と論文作成技術も勉強する。それらの技術も学生が就職してからも役に立つものである。さらに、ゼミは原則としてスペイン語を利用するので、スペイン語能力も上達する。

卒業論文・卒業研究で使用する言語

外国語のみ(スペイン語)

ゼミの開講形態 <合同ゼミ:3・4年次生が一緒にゼミの授業を履修/分割ゼミ:年次別にゼミを履修>

合同ゼミ

前のページに戻る

Page top