ロシアをおたのもうします。

2020年4月、ロシア語学科新設 ※仮称 設置構想中(内容・名称は予定であり、変更する場合があります)

未知の隣国、ロシアを学び、
世界を知る。

国連公用語のひとつであるロシア語は、世界中に約3億人の話者をもつグローバルな言語です。ロシアは、世界最大の国土面積をもち、多くの国々と政治的・経済的に深い関係を持っており、国際社会に大きな影響を与えています。ロシア語学科では、ロシア語はもちろん、ロシアやその周辺地域の多様性についても学修します。

ロシア語学科の特長

少数精鋭で学び
高度な運用能力を
身につける

一人ひとりに行き届く徹底した少人数環境のなか、ビジネスロシア語、通訳・翻訳養成プログラム、多彩な実践科目を通じて高度な運用能力を身につけます。期間ごとの明確な到達目標を設定し、習熟度は国際検定試験で客観的に確認します。ロシア語を身につけた人材へのニーズは今後高まりが予想され、卒業後は国家・地方公務員、商社、物流、観光、製造業、金融、マスコミなど広い分野での活躍を想定しています。

キャンパスのある
「京都」を
舞台にした
実践的な学び

教室内で展開するアクティブな学びに加え、キャンパスを飛び出して実際にロシア語を使う機会を豊富に設けます。ロシア語圏の国々ではあまり英語が通じないという背景もあり、訪日観光客が増加する今、国際観光文化都市・京都にはロシア語によるコミュニケーションを必要とする人たちが多くいます。また、観光客だけではなく地域貢献活動など、さまざまなニーズがある現場に出向いて、高い運用能力を磨いていきます。

留学でロシア・
中央アジア諸国の
豊かな文化を学ぶ

本学では、モスクワ市立大学やウラジオストクの極東連邦大学、ウズベキスタンのタシケント国立東洋学大学などと交流協定を結んでおり、これらの大学へ留学できる体制をつくります。ロシアや中央アジア諸国の文化をじかに学ぶ貴重な体験となります。アメリカやヨーロッパを中心とした世界観ではなく、新しい観点から世界の課題解決を図る「グローバル人材」を育成することを目指します。

ロシア語学科で身につく力

  • 高度なロシア語の
    運用能力
  • グローバルマインド
  • 課題解決能力
PDFで詳しく見る
そもそもロシアってどんな国なの?