4.4 ネットワークドライブの利用

ネットワークドライブとは、学内ネットワーク上にある、ファイルを保存する場所です。デスクトップにある[コンピューター]を開くと、下記の3つのネットワークドライブが表示されます。

①[ <ユーザーID> (N:)](以下、Nドライブ)
ユーザーIDとパスワードでログオンする学内のコンピューター上でのみ使用できる、学生一人一人に割り当てられた個人専用の保存場所で、個人別のロッカーのようなものです。

[Nドライブ]は、デスクトップにある[自分の名前(カタカナ)]のフォルダを開いた中にある[マイドキュメント]フォルダや、《スタート》ボタンをクリックして、メニューの右列にある[ドキュメント]フォルダと連動しています。

[マイドキュメント]⇔[Nドライブ]⇔[ドキュメント] すべて同じ場所(同じフォルダ)

[Nドライブ]は、1人あたり300MBの保存容量があります。万一、保存容量を超えて保存しようとした場合、不要なファイルを削除して容量を空けるよう促すメッセージが表示され、保存できません。常日頃から[Nドライブ]内は整理し、くれぐれも保存容量を超えないように注意してください。

[Nドライブ]は、ユーザーIDとパスワードでログオンする学内ネットワークに接続するコンピューターでしか使用できません。(学外のコンピューターから[Nドライブ]に保存しているファイルにアクセスすることはできません。)[Nドライブ]に保存しているファイルを学外のコンピューターで使用する場合、また[Nドライブ]に不具合が生じた時のためにも、重要なファイルは必ずUSBメモリ等に保存し、各自が責任をもって管理してください。

②[Kyozai(X:)](以下、[Xドライブ])
先生が学生に配布するファイルを保存しておくための場所です。学生が保存することはできません。先生からファイルを取り込む(ダウンロードする)よう指示があった場合、この[Xドライブ]から自分の[Nドライブ]もしくはUSBメモリに保存してください。

③[Kaishu(Y:)](以下、[Yドライブ])
学生が先生にファイルを提出する際に、ファイルを保存する場所です。[Yドライブ]にファイルを保存する際は、必ず、先生から指示されたフォルダ内に保存してください。先生からの指示がない限り、[Yドライブ]は使用しないでください。無断で保存されているファイルは削除することがあります。