ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

外国語学習に関する悩みについてじっくりと話そう!

アドバイジングセッションは、学習者が効果的に外国語学習を進めていくための方法を、ラーニングアドバイザーと一緒に考える時間です。ラーニングアドバイザーは、学習者が自分の外国語学習に関する課題や悩みに向き合い、目標達成に向けての学習を自律的に進めていけるようサポートします。

こんなことが相談できる!

語学学習の目標設定、自分に合った勉強法、語学検定試験(TOEIC・IELTS等)のスコアアップ、専攻語と英語学習の両立、モチベーション管理についてなど

[セッション時間]40分間(使用言語:日本語) 予約制

Learning Advisors(ラーニングアドバイザー紹介)

石川 保茂(いしかわ やすしげ)
英米語学科

大学時代、文部科学省募集の留学制度に合格しオーストラリアへの留学が決定!!
ところが、その決定後、IELTS 7.0を取得しなければ留学は取り消すと通告され・・・それからIELTS受験当日の朝まで、毎日必死に勉強した記憶が今でも鮮明に残っています。その時、明確な目標を持って勉強する大切さと、達成する喜びを実感しました。皆さん、目標を持って勉強していますか?これからのこと、一緒に考えてみませんか?


河野 弘美(こうの ひろみ)
キャリア英語科

イギリスの大学院で英文学の修士号と博士号を取得した後、スイス経由で京都にやってきました。教職に就く前は企業で働いた経験もあり、学んだことを実践で活かす大切さと学びの重要性を体感しました。
将来に向けた自発的な一歩一歩を見守る立場にいれる喜びはひとしおです。ゴール目指して頑張りましょう。


近藤 睦美(こんどう むつみ)
英米語学科

アメリカと日本の大学院で英語教育学を勉強し、これまで下は3歳から上は90超のお年寄りまで様々な学習者と接してきました。世の中の外国語学習成功者たちは、その人生の中で必ず地道にそして集中して外国語に取り組んだ時期があると言われています。みなさんにとっては今まさにその時期ではないでしょうか?みなさんの目標達成のお手伝いをしますよ!


立岩 礼子(たていわ れいこ)
スペイン語学科

専門は16世紀から17世紀のスペインとメキシコの歴史。コツコツ焦らず時間をかけながら研究するのが好きです。学生時代には、アメリカ留学を目指してTOFELスコアアップを図り、スペイン語技能検定1級合格を目指しました。先生に成果を報告しながら勉強していました。資格を取ると、不思議と自信が持てますね。スペイン語だけでなく、外国語の「あなた流」の学び方を一緒に作っていきましょう!


学習相談したい言語(学科)とラーニングアドバイザーの所属学科が異なっても、セッション受講は可能です。

例)英米語学科以外の学生 × 英米語学科所属のアドバイザー、キャリア英語学科の学生 × イタリア語学科所属のアドバイザー等

アドバイジングセッションを利用した学生のコメント

  • TOEICの勉強の仕方や目標の設定の仕方がよくわかった。
  • 悩みや学習に対する意識について自分自身と向き合える機会になった。
  • 勉強のモチベーションが上がる!
  • 自分がこれからするべきことや、語学の勉強の仕方を発見できた。
  • 定期的にセッションを受けることで、成果と修正点が確認できる。

Page top